気分はポレポレ よろず情報ブログ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

手話

第53回耳の日記念文化祭はデフリンピックの情報が満載!

毎年3月3日は「耳の日」。耳や聴力に対する関心を高めてもらうために、一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会が昭和31年(1956年)に制定した記念日です。この日の前後に、毎年聴覚障害や手話等に関する様々なイベントが開催されていますが、東京ではデフリンピッ…

NHKドラマ「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」のオンラインアフタートークに参加して

先日行われた「NHKドラマ『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』オンラインアフタートーク」に申し込んだところ、幸運なことに当選して参加させてもらいました。テレビドラマ「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」に出演された那須さんと手話等を監修された…

手話で対応するワッフル店「薩摩ワッフル」(鹿児島県鹿児島市)

故郷の鹿児島に墓参りで帰省した際に、以前から訪問したいと思っていたお店に行ってきました。美味しいワッフルのお店なのですが、作っている方がろう者で皆さん手話で会話をされているんです。 美味しいワッフルのお店「薩摩ワッフル」 念願かなって訪問し…

「手話通訳者全国統一試験」受験時の注意点

昨年2022年度の手話通訳者全国統一試験にギリギリの点数ながら幸いにも合格することができました。一年前を思い起こして、筆記や実技に関しての記事を2日続けて書かせていただきましたが、最後に実際の受験に際しての注意点などを書かせていただきます。 可…

(実技編)「手話通訳者全国統一試験」対策方法

昨年2022年度の手話通訳者全国統一試験を受験し、ギリギリの点数ながら幸いにも合格することができました。一年前を思い起こして、筆記編に引き続き私なりの実技勉強方法をご紹介させていただきます。 過去問題及び教材の場面通訳動画を活用 実技試験は、個…

「手話通訳者全国統一試験」対策方法(筆記編)

昨年2022年度の手話通訳者全国統一試験を受験し、筆記試験もギリギリ、面接試験もギリギリの点数ながら幸いにも合格することができました。試験直前にどのような学習をしていたかご質問もいただきましたので、一年前を思い起こして私なりの直前対策をご紹介…

「手話通訳技能認定検定(筆記試験)」直前対策はリラックスと体調管理

年に一度行われる「手話通訳技能認定検定」。いわゆる手話通訳士検定ですが、筆記試験がいよいよ明日となりました。試験の申し込みを行ったのが5月のゴールデンウィーク明けでしたので、あっという間に2ヶ月が経ったなという感じです。 昨年12月に受験した「…

「手話通訳技能認定試験」まであと2週間

年に一度行われる「手話通訳技能認定検定」。いわゆる手話通訳士検定ですが、試験日の7月23日まで残り2週間余りとなり、先日受験票も手元に届きました。試験を申し込んだのが5月早々でしたので、あっという間に2ヶ月が経ったなというのが素直な感想です。 昨…

リモート環境で手話講座受講

地域登録手話通訳書として登録したが、いままで地元の手話講習会に通っていたので、勉強をする機会がないと心もとない。かといって、地元以外の場所で行われる講習会は、仕事のことを考えると通うのが少々難しそうだ。さてどうしようかなと考えていた時に知…

手話の読取り練習に「NHKプラス」

手話通訳技術には、日本語を聞いて手話にする「聞き取り通訳」と、手話を見て日本語に通訳する「読取り通訳」とがある。それぞれに学習方法があるのだが、「読取り通訳」に関しては動画を見て慣れることも大切だ。 練習用や試験対策用のDVDが発売されている…

〔手話通訳士試験〕動画と過去問で筆記試験対策

毎年行われている手話通訳技能検定試験。いわゆる手話通訳士試験が、今年も筆記試験と実技試験に分かれて行われる。 日程:学科試験 令和5年7月23日(日) 実技試験 令和5年10月1日(日) 試験地:宮城、埼玉、東京、大阪、福岡(全5会場) 学科試験合格者…

2023年度「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」の応募要領等公表

毎年年一回行われる「手話通訳技能認定試験」、いわゆる「手話通訳士試験」の2023年度応募要領等が4月20日に公表された。第34回となる試験は、今年も学科試験と実技試験の日程が分離して実施される。筆記試験が7月に、実技試験が10月で、会場は全国5ヶ所の…

手話の読み取り練習に「しゅわえもん」動画

手話を学び始めて10年経つが、いつまで経っても読み取りが課題だ。少しでも上達するためにはろうの皆さんとの交流が一番なのだが、それも難しいので通勤時などに動画を観る習慣をつけている。 隙間時間でも観られる「しゅわえもん」動画 私がお世話になって…

手話の際に使う透明マスク「ユニ・チャーム顔がみえマスク」がリニューアル

手話を使う時には口元を見せる必要がある。マスクの着用が個々人の判断に任されるようになったとはいえ、まだまだ新型コロナの感染は続いているので透明マスクを着けているに越したことはない。私は以前からユニ・チャームのマスクを使用しているが、新たに…

「手話通訳者全国統一試験」結果発表

oyakode-polepole.hatenablog.com 2022年12月3日に行われた「2022年度手話通訳者全国統一試験」。この試験に合格すると「手話通訳者となる資格を有する者」となり、さらに各県独自の審査を経て認定手話通訳者となる。試験は筆記と実技の2科目だが、実技はビ…

手話学習は習慣化と継続が大切だけれども

手話通訳者全国統一試験が終わって約10日。試験前の根を詰めた勉強は一段落したものの、受験したおかげで今までになかった習慣がつきました。 1つ目は、毎日仕事前にYouTubeの手話動画を見るようになり、また帰宅後も主に寝る前に学習用の動画を見るようにな…

「2022年度 手話通訳者全国統一試験」を終えて

12月3日土曜日に「2022年度手話通訳者全国統一試験」が行われた。この試験に合格すると「手話通訳者となる資格を有する者」となり、さらに各県独自の通訳者試験を経て県の認定手話通訳者となる。ここ数年は合格率が20%以下という、なかなか難しい試験だ。 私…

ローマも手話も「一日にして成らず」だなというお話

手話を学び始めてかれこれ10年目。途中4年ほどブランクがあるので、実質的には6年目ということだろうか。手話は言語なので、英語などと同じく使わないと忘れてしまう。中断していた手話学習を今年4月から再開したのだが、忘れている言葉が多くて実際には学習…

「第17回全国手話検定」のためのお役立ち情報

今日から10月に入り今年も残すところ3ヶ月となりました。10月はスポーツ関係や文化関係のイベントが数多くありますが、手話学習中の方にとっては年に一度の「全国手話検定」の月でもありますね。私も6年以上も前のことながら、受験してその様子を記事にして…

東芝の7型ポータブルDVDプレーヤー「REGZA ポータブルプレーヤー SD-P710SW」の使い心地

5月から手話の学び直しで地域の手話講習会に通っているが、手話学習のためにと買ったのが東芝の7型ポータブルDVDプレーヤー「REGZA レグザポータブルプレーヤー SD-P710SW」だ。使い始めて3週間ほど経ったのが、手話学習にはうってつけのプレーヤーだなと思…

手話学習のためにポータブルDVDプレーヤーを使い始める

手話技術には「表現」と「読み取り」の2種類があり、どちらも動画で学ぶことが多い。特に「読み取り」は文字通り「相手の手話を読み取って日本語で言葉にする」という技術なので、手話を使っている様子を実際に見るか動画で見るしか学ぶことができない。今ま…

口元ハッキリ!「ユニ・チャーム 顔がみえマスク」の使い心地

手話講習会では実技を行うため、フェイスシールドや透明マスクを着用する。ある程度効果はあるのだが、不織布に比べると格段に心もとない。そこで、講習会の講師にオススメされた口元全体を覆うマスクを使い始めた。 口元が見える「顔がみえマスク」 テレビ…

手話学習にオススメのYouTubeチャンネル「こだYouTube手話サークル」

手話を初めて学んだのが、今からちょうど10年前。当時勤務していた職場にろうの方が数名いて、そのメンバーとのコミュニケーションを図りたくて自治体で開催している手話講習会に通い始めた。最初は単に勉強のために通っていたのだが、勉強をしていくうちに…

第11回全国手話検定試験の結果発表!試験を振り返りながら改めて手話学習のことを考える

手話を学び始めて3年半が過ぎ、それなりに読み取りや表現ができるようになってきた。学び始めてから毎年5月頃から翌年3月頃まで、ほぼ毎週手話講習会に通っているが、年間を通じて学んでいると少し気分が緩むときもある。語学は継続することが大切だと思…

「全国手話検定」の申し込みが間もなく始まる

手話を学び始めて4年目になったが、毎年勉強するための励みにしているのが「全国手話検定」。昨年は準一級にかろうじて合格したので、今年はいよいよ一級にチャレンジしたいと思っている。 検定の申し込みも今週金曜日から始まるが、今年もモチベーション向…

手話が飛び交うおしゃれなカフェバー「ノック・カフェ・バー」に行ってきた!(東京杉並区)

手話を学び始めて4年目に入ったが、勉強をするだけではなく手話を使う機会がないとなかなか上達しない。日頃から職場でも手話でやりとりをしているが、先日そのメンバーと「手話が飛び交うおしゃれなカフェ」に行ってきた。以前から行きたいと思っていた有…

「ろう者の音楽」を視覚的に表現した映画『LISTEN(リッスン)』

映画館に行って映画を観るのは、年に3回から4回ぐらいだろうか。自宅でDVDやBlu-rayで映画を観ることの方が多いが、映画館でじっくりと鑑賞するのはやはりなんとも言えず良いものだ。一方で、映画館で観たいと思う映画はなかなか見つからないものだが、5月の…

手話学習に便利な文房具はこれ!自治体主催の手話講習会受講申し込みが始まる

手話を学び始めて丸3年が経ち、どうにか世間話ぐらいであればろう者と意思疎通ができるようになっていた。そうはいってもまだまだ未熟で読み取れないことの方が多いのだが、全く分からなかった3年前を考えると徐々にとはいえ手話が身についてきたなと思う。 …

第10回全国手話検定の結果発表、試験内容を振り返る

手話を学び始めて2年半。現在、市町村の手話通訳者養成コースに通っているが、毎年モチベーションアップのために受験している検定試験が10月に行われ、無事に準1級に合格することができた。筆記試験が思ったよりも難しくて、正直ギリギリのラインだなと思っ…

聴こえない人とのコミュニケーション情報発信カフェ「SilentCafe(サイレント・カフェ)」に行ってきた

JR中央線三鷹駅から徒歩10分ほどの場所にあるのが、聴こえない人が働いている「サイレントカフェ」というお店だ。駅から少し離れているので人混みはなく、近くには太宰治のお墓があるという場所だ。