気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

文房具-おすすめ

ついに発売開始!サンスター文具の金属鉛筆「metacil(メタシル)」

サンスター文具が手がけた新しいタイプの筆記具「metacil(メタシル)」。金属でできた鉛筆で、削らず書き続けられるという画期的な筆記具だ。 メタシル一部店舗で発売開始されました!店頭に並ぶのはお店さんによって違いますのでご注意くださいませ #サンス…

開きにくくて開けやすい“フリックキャップ”搭載テープのり「ドットライナーフリック」

テープのりが発売された時には、はたしてこれで封筒の封などができるのかと心配したが、あっという間にテープのりが広がってきた。今では用途に合わせた多種多様なテープのりが発売されているが、ペンケースの中でもキャップが開きにくいコンパクトなテープ…

木から生まれた本物の木の色のクレヨン「森のクレヨン」

クレヨンは溶かした蝋と顔料などを混ぜて作られた彩色道具で、幼い子供が使っている、ベタベタしているという印象が強い。柔らかいので弱い力でも描くことができて、独特の色調は懐かしさを感じてしまうぐらいだ。いろいろな色のあるクレヨンだが、フェリシ…

【新商品】シャープペンシルと消しゴムが切り替えられる「サンスター SHARM(シャーム)」

シャープペンシルには小さな消しゴムが付いていることが多いが、消しにくいので手元に消しゴムがない時の緊急用として使っている方が多いのではないだろうか。また、右手にシャープペンシル、左手に消しゴムというスタイルで筆記している方も多いと思うが、…

コンパクトで書き心地の良いアルミボディのシャープペンシル「ロディア スクリプト」

社会人になってからシャープペンシルを使う機会がグッと減り、書類の記入やメモはボールペンか万年筆で行うようになった。それでも、手帳に細かい文字を書く時や資格取得の勉強時にはシャープペンシルが役立つ。最近では安価なものもたくさん発売されている…

ボールペンと定規が一体となった「ペンインルーラー」

リモートワークの機会が増えてくると、持ち歩く文房具類もコンパクトなものを使いたくなる。特に筆記具と定規は持ち歩きたい道具の一つだが、持ち歩きな便利そうな「ペンと定規が一体化した商品」が目に止まった。 ボールペンと定規がセットになった「ペンイ…

【新商品】サステナブルな素材のペンケース「Kiːro(キーロ)」

ペンケースは持ち歩きやすさを考えてコンパクトなものを選んでいるが、同時に手触りが良いというのも選ぶ際のポイントだ。一番持ち歩いているのは革製でクルクルと巻くタイプのペンケースだが、パイロットからは素材にサステナブルなものを使った商品も登場…

”レトロ可愛い"と評判の「アーム筆入れペンケース」がムックとして予約受付中

「象が踏んでも壊れない」で一世を風靡したアーム筆入れ。1965年(昭和40年)に発売され2年後の1967年からコマーシャルが放映されたが、非常にインパクトの強いコマーシャルだった。当時はまだまだ道具の強度が弱くて、プラスチックもすぐに割れていた時代…

丸善オリジナル文房具シリーズ「檸檬書店」

文房具を扱っている書店は結構多くて、中にはオリジナル商品を販売しているお店もある。大手書店の丸善もそのひとつだが、老舗書店らしい文学的なシリーズだ。 丸善が発売しているのが、「檸檬書店」という文房具のシリーズ。レモンをモチーフにした、色々な…

【新商品】好きなポーズがとれる骨格入りペンポーチ「ポージー」

ペンケースはさまざまなタイプが発売されていて、仕事で使うにはシンプルでコンパクトなものが好まれる傾向がある。一方で、常に持ち歩く道具だけに「持っていて楽しい」と思える商品も人気がある。そんな要望に応えて、キングジムが好きなポーズをとらすこ…

【新商品】ミニチュアなのに文房具として使える「『キングミニ』シリーズ」が登場

ガチャガチャや模型などでミニチュアが人気だ。以前、文房具のミニチュア「文具ガチャ」が大人気となったが、今度は文具メーカーから「使えるミニチュア」が発売される。発売されるのは3種類だが、全て欲しいなと思わされる商品ばかりだ。 キングジムの『キ…

好きな紙を選んで、綴じて、携帯する「ペーパージャケット」の使い心地

私は打合せの際にノートを持参してメモを取るアナログ派だが、ちょっとした打ち合わせでも厚めのノートを持参しなければいけないので、それが少々不便だなと思っていた。そんな時に見かけたのが、好きな紙を挟んで使う「パーパージャケット」。クラウドファ…

手首に巻くウェアラブルメモ「wemo」に専用ペンが登場

仕事によってはメモ帳を持ち歩く必要があるだろうが、使いたい時に手元にないのがメモ帳。スマホにメモをすると言っても手間がかかるし、ささっと書き留めるにはやはりアナログな手帳が便利だろう。 手首に巻くウェアラブルメモ「wemo」 手首に巻いて使える…

ツバメノートが「指紋認証でロックされるノート」の支援を募集中

スマホやパソコンなどは、指紋などの生体認証でロックがかけられるようになった。完全なロックとは言いにくいが、むやみやたらと中身を覗かれてしまう恐れがなくて安心だ。デジタルデバイスはそういった安心なシステムがあるが、それをアナログのノートに応…

デジタルな時代にアナログな「スタンプ」を楽しむ

スマホがあればスケジュール管理やメモなどが、それ一台で簡単に済ませるようになった。しかも、自宅のパソコンなどと同期ができるので、改めて入力しなおす必要もなくて手間いらずだ。それでも手書きの手帳の方が便利だったり使っていて楽しかったりするの…

下町のメーカーが作った「鉛筆屋のボールペン、シャープペン」

東京都葛飾区の北星鉛筆が作る「 大人の鉛筆」シリーズがずいぶん前から人気だ。日本では子どもの頃は「鉛筆」を使い、中高生以上になると「シャープペンシル」を使い、大人になると「ボールペンや万年筆」を使うという方が多いのだが、子どもの頃に使った鉛…

サンスター文具の金属鉛筆「メタシル」が6月に発売決定

鉛筆を使わなくなって久しいなと思っていたが、シャープペンシルに関しては最近手帳に使うようになった。単に手帳用の三色ボールペンをシャープペンシル付きの多機能ボールペンに替えただけなのだが、使ってみるとシャープペンシルも細かい文字がかけてなか…

新年度に使ってみたい「アートシリーズ」の名刺入れ

4月から新年度という会社が多くて、朝夕の通勤やお昼休みのビジネス街などでフレッシュな新社会人を見かけることが多くなった。新年度となって気分も新たにしたいところなので、まずは名刺入れを替えてみたいなと思っていたが、似合う似合わないはともかくと…

ホワイトでもなくボードでもない紙のホワイトボード「パピエボード」

ホワイトボードは家庭でも職場では使われていて、ちょっとしたメモなどを書く時に便利だ。書いてであれば小さなホワイトボードを冷蔵庫などに付けて、食材などのメモをされている方も多いのではないだろうか。そのように便利に使えるホワイトボードだが、デ…

【新商品】中にも外にも収納ができるペグボード収納ボックス 「ハルペギー」

オフィスでも自宅でも文房具類や小物類など、どうしても散らかってしまいがちだ。そういった道具は机の引き出しやケースなどに入れて整理するが、すぐに取り出せないこともあって少々不便に感じる時がある。そんな時に役立つ、ちょっとおしゃれな収納ボック…

こだわりの一本を作ることができるサクラクレパス「SAKURA craft_lab 006」

サクラクレパスの「SAKURA craft_lab」シリーズは、真鍮製の「001」が文具屋さん大賞を受賞するなど人気のシリーズだが、新たにこだわりの一本を作ることのできる商品が発売されている。288通りの組み合わせが選べるカスタマイズ商品でなかなか高価だが、自…

自分好みのゴムバンドを作れる「ゴムdeパッチ」

本好きでいつも文庫本を持ち歩いているが、ケースに入れる他にもゴムバンドで留めている。また、メガネケースは昔懐かしいセルロイド製を使っているが、これもゴムバンドで留めている。ゴムバンドを使う時には留めたい道具の大きさを見て長さを決めて買うが…

アパレルメーカーとコンビのコラボで「リフィル ノートブック」が新登場

エコや環境対策という取り組みの他に、最近ではサステナビリティという言葉も使われるようになり、持続可能な社会の実現を目指す動きが活発化している。文房具の世界でも取り組みが進んでいるが、アパレルメーカーとコンビニとのコラボで新しい商品が4月から…

【新商品】青森の伝統工芸からガラスペンとインク壺の「ちいさな林檎」シリーズが登場

ガラスペンは独特の書き味があって好きだ。私も一本持っているが、インクを一回つけるとハガキ一枚分は途切れずに書くことが出来るというのも意外な商品だ。装飾品としても優れいているガラスペンだが、青森の伝統工芸品『津軽びいどろ』から素敵なガラスペ…

周囲への配慮を「音」に求めたボールペン「ぺんてる Calme(カルム)」

集中していると気にならず、集中力が切れると急に気になりだすのが「音」。特定の音が耳につくということは時々あることで、寝ていて妙に冷蔵庫の駆動音や加湿器の噴出音が気になるという方もいらっしゃるのではないだろうか。ボールペンのカチカチという音…

【新商品】人気の「SAKURA craft_lab 001」に『アルミニウムエディション』が登場

筆記具の中でもボールペンはとても身近な商品だが、それだけに机の引き出しやペンケースについつい溢れてしまう。それらの気軽に使えるボールペンとは別に、お気に入りの「ちょっと高いボールペン」を持ち歩いて使うのも文房具好きとしては楽しい。そんな持…

クリップが本体に収納される美しいボールペン「LAMY ラミー スイフト ボールペン 」

ボールペンは社会人になって一番使う機会の多い筆記具だが、金額的に100円台から数万円台まで千差万別だ。ちょっとしたメモ用としては安価で書きやすい商品で良いが、客先などで使ったり手紙を書くというような場合には、少々こだわった商品を使いたくなる。…

やっぱり便利!キングジムのゴミ箱ポーチ「ホルポ」

持ち歩けるゴミ箱として発売された「ホルポ」。フリーアドレスの職場や外出先で使っているが、予想以上に便利に使っている。 持ち歩きに便利な「ホルポ」 キングジムが2022年2月に発売したのが、持ち歩けるゴミ箱ポーチ「ホルポ」。文字通り持って歩けるゴミ…

宮城県産のけやきで作られた「宮城けやき多機能ボールペン」

ボールペンは星の数ほど販売されているが、選ぶときのポイントは書きやすさだけではなく持ちやすさもウエイトが大きのではないだろうか。さらに「持っていて楽しい」という点も文房具好きの方ならポイントが大きいと思うが、持ちやすさも持っている楽しさも…

ちょっと便利、挟んで使うのりなし付箋「伝書クリップ」

付箋は文房具の中でもよく使う商品で、仕事でもプライベートでも便利に使っている。一番多く使うのは書類へのマーキングとメモだろう。その両方を兼ね備えたうえに海苔を使わないクリップ型の付箋を重宝に使っている。 挟んで使う「伝書クリップ」 名刺で有…