気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

【新商品】空気入れが一体になったキングジムの「ポンプ一体エアーマット」

東日本大震災から10年が経ったが、最近になって東日本各地で大きな地震が頻発しているのが心配だ。東日本大地震の際には私は都内の職場にいたが、建物などに損害はなかったものの交通機関が麻痺してしまい会社に一泊することになった。いわゆる帰宅困難者の一人となったのだが、職場の総括担当だったので会社に残った社員の寝床作りに奔走した。会議室などに防災用の毛布を使って寝床を作ったが、やはり寝心地は良くなくて翌朝背中が痛かったことを思いだす。元々山登りが好きでキャンプ道具を色々と持っているが、こんな時に自宅にあるキャンプ用のエアーマットがあれば快適なのになと思ったものだ。

帰宅困難時に備えるエアーマット

f:id:polepole103:20210411164454j:plain

文具メーカーのキングジムは、文具以外にも様々な商品を発売している。その中で防災用品も数々発売しているが、今回は「ポンプ一体エアーマット」を発売する。発売開始予定日は2021年4月30日、販売価格は9,800円(税別)が予定されている。

f:id:polepole103:20210411165335j:plain

今回発売される「ポンプ一体エアーマット」は、災害時に帰宅困難となった方が会社などに宿泊する際に使うことを想定していて、リノリュームや板敷きの床などでも快適に横になるための道具だ。

使用する際には空気を入れる必要があるが、手動ポンプなどを使うことなく本体に内蔵されたポンプを踏むことで本体に空気を注入することができる。注入に必要は時間は約1分間ほどだということなので、手軽にエアーマットを準備することが出来て便利だ。また、枕も一体型になっているがこれも案外便利だと思う。

f:id:polepole103:20210411165704j:plain

空気注入後のサイズが「縦1,850mm×横650mm×厚さ75mm」と、身長の高い人でも足を伸ばして横になることができる。また、空気を抜いてクルクルと丸めて袋にいれるとコンパクトになり、重さも約960gと持ち運びに便利だ。

既存のキャンプ用エアーマットには低価格のものがあるが、ポンプを別々に持ち歩かなければならなかったり口で拭き入れなければならないものなどもあるので、ポンプ一体型のこの商品はそういった点でも便利に使えそうだ。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!

【新商品】お腹が空いたらパクッと食べられるメモ「紙姫(kamihime)」

書類や書籍がデジタル化されてきて、会議もリモートで行われるなど印刷物がグッと減ってきている。印刷会社は経営がなかなか厳しいと思うが、電子化に対応した商材を発売したり独自のアイデア商品を出したりと工夫している会社も多い。これからはアナログだからこそ楽しめる商品が注目を集めるのかもしれない。

パクッと食べられるメモ「kamihime」

f:id:polepole103:20210411152634j:plain

 「静かな空間に響く”グー”というお腹の音、なんとかしたい!」というTwitterからの”つぶやき”に答えて、印刷会社のアインズ株式会社の女性社員チームが「食べられるメモ帳 kamihime」を考案し発売した。発売開始が4月1日だったので「エイプリルフールネタなのか?」という反応もあったようだが、本当に発売されているのでそれもまた話題になった。

f:id:polepole103:20210411152710j:plain

この商品は、ウエハーペーパーという食べられる紙で作られたメモ帳と食用インクのフードペンがセットになっている。フードペンのインクは食べられるので、このペンで書いたメモはそのまま食べられるというのが面白い。

f:id:polepole103:20210411152205j:plain

パッケージにも工夫が凝らされていて、蓋の内側部分にはそれぞれ4種類の香りがつけられているので指で擦るとパッケージに合った香りが漂うようになっている。種類は「オレンジ」「いちご」「バニラ」「カレー」の4種類。どんな味がするのか興味深い商品だ。www.eins-eco.shop

アイデアで勝負の「大喜利印刷」

昨年12月にご紹介した「大喜利印刷」。中小の印刷会社が共同で運営しているサイトで、Twitterでつぶやかれた内容を全国の印刷屋さんが大喜利のように答えてくれるとサイトだ。その中で登場していたのが、今回商品化された「音をかき消す食べられるメモ帳「紙姫」」だ。

アイデアを出したのは、滋賀県に本社を構えるアインズ株式会社という印刷会社だ。 このアイデアは、平均年齢24歳の若手メンバー7人で制作に取り組んだとのことだが、それがそのまま商品化されるのはやりがいにつながるのではないだろうか。とても素敵なことだなと思う。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!