気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

〔東京散歩〕練馬区・中村橋で美味しい“おばんざい”を食べられるお店が開店

練馬区は東京都の北側に位置しており、埼玉県や東京都下の武蔵野市とも隣接している区だ。東京23区の中でも自然が多く残り住宅地も広がっている土地柄で、私鉄沿線には昔ながらの商店街もあちらこちらで元気な姿を見せている。そんな練馬区の私鉄沿線に、こじんまりとした美味しいランチのお店が開店した。

ランチの美味しい「おはしごはん」

f:id:polepole103:20200315104534j:plain

西武池袋線の中村橋駅から徒歩5~6分の場所にオープンしたのが、昔ながらの“おばんざい”を出してくれる「おはしごはん」というお店だ。

3月2日にオープンしたばかりのお店だが、オーナーは武蔵野市のシェアキッチンで2年間実践経験を積んだ方。私も武蔵野市のお店には良く顔を出していたので、独立するという話を聞いて顔を出してみた。

f:id:polepole103:20200315104842j:plain

f:id:polepole103:20200315104822j:plain

開店間もないので外には目立った看板などはまだ無かったが、広い窓と素通しのガラスが入ったドアが開放的で、とても入りやすい雰囲気のお店だ。

f:id:polepole103:20200315160620j:plain

f:id:polepole103:20200315104912j:plain

店内はテーブル席6席とちょっとした小上がりがあり、木目調で統一されていて居心地が良い。内装はオーナーがご主人と一緒にハンドメイドで仕上げたというのだから驚きだ。まだまだ手を入れるところがあるようなので、最終的にどのようなお店になるのかも楽しみだ。 

メニューは“おばんざい”

f:id:polepole103:20200315104940j:plain

この日のメニューは、肉じゃがやさわらの漬け焼き、揚げ出し豆腐などなど。“おばんざい”とは元々は京都の家庭料理を指す言葉だが、京都風ではないものの家庭料理という点では共通するものがある。食べてほっとする味で、素材も含めて体に良いものが揃っている。

f:id:polepole103:20200315105039j:plain

外食と言えば味が濃いものや油っぽいものをイメージしがちだが、煮物や焼き物中心の家庭料理は胃にも優しい。ホッと一息つくことのできる落ち着いた雰囲気のお店と、ホッと一息つくことのできるちょっと懐かしい料理。カフェで一息つくのとはまた違った和み方のできるお店だ。

■おはしごはん

東京都練馬区貫井5-1-10
営業時間 11:30~19:00
定休日 土・日 
https://www.facebook.com/chietakayasu/

 ■中村橋には雰囲気の良い商店街あり

f:id:polepole103:20200315105843j:plain

今回ご紹介したお店は西武池袋線「中村橋」から北に歩いたところにあるが、その途中の商店街は雰囲気の良いサンツ中村橋商店街だ。

f:id:polepole103:20200315110031j:plain

この日はあいにくの雨模様で寒い日だったが、それでも買い物客がチラホラと出ていて八百屋なども賑わっていた。

f:id:polepole103:20200315110127j:plain

美術館のある商店街というキャッチフレーズもあり、また「猫飛伝説」もある商店街なのだそうだ。詳しくは商店街のホームページでご覧いただきたいが、個人商店が元気よく営業している商店街は、そこを歩くだけでも元気をもらえるので散策するににも良いなと思う。

nyanpy.com