気分はポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

ボウリング、暑くなるこの季節こそ楽しんでみませんか?

家族で何気なく行ったボウリングに思いがけず取りつかれ、本格的に始めたのが5年ほど前。少しずつ道具を揃えながら続けてきた。

始めた頃は、やれ200を超えただのターキーを取っただのと一喜一憂していたが、それも落ち着いてくるとやはりアベレージがどれくらいなのかが目標となってくる。

f:id:polepole103:20190707211420j:plain

アベレージもその日一日の分だけではなく、30ゲームとか40ゲームのアベレージを見ていくと面白い。思ったよりも緩やかにスコアが伸びていて、今日はダメだったとかこの間はすごく良かったというように一喜一憂することなく、冷静にスコア分析ができるからだ。

f:id:polepole103:20180412212913j:plain

そのためにはマメにスコアを記録しておく必要があるので、私はスマホアブリの「ボウリングスコアラー」を愛用している。直感的に使うことができるので、投げながら簡単に記録できるのが良い。また、アベレージだけではなくピンごとの倒ピン率や残ピンごとのスペア率なども出て便利だ。

f:id:polepole103:20180412212931j:plain

ボウリングは年齢に関係なく、一緒に楽しめるところが良い。ボウリング場に行けばシューズもボールも用意されているので、手ぶらでも楽しめるし天候にも左右されないのがボウリングの良いところだ。

昔と違ってスコアの記録も自動なので、投げながら仲間や家族と話をしたり飲み物を飲んだりとゆっくり過ごせるのも楽しい。会社のレクレーションとして設定しても事前準備の必要がなく、自動的にスコア表と順位までボウリング場で渡してくれるので幹事も楽だ。

それでも、本当に趣味として続けてみたいのなら、マイボールとマイシューズは揃えてみたい。ラウンドワンであれば、初心者用のボールとシューズが安価で入手できるサービスもあるので利用するのもひとつの方法だ。

f:id:polepole103:20190711205711j:image

ボウリングがブームになったのは今から50年近く前だが、最近では少しずつボウリング人口が増えてきているらしい。それでもスポーツと遊びの間にあるボウリングは、「競技人口」となるとまだまだ低いだろう。

健康年齢を伸ばす必要性が叫ばれ、人生100年時代を迎えつつある現代。年齢に関係なく無理せず楽しめるボウリングこそ、もう一度大きなブームが来ても良い球技だと思うがいかがだろうか。