気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

ボウリングを楽しむならマイシューズを持とう

ボウリングを本格的に趣味として楽しむようになってから8年目。なかなかアベレージは上がらないものの、月一回の月例会やボウリング場の大会などに参加して楽しんでいる。平日は仕事もあるので週末にしか練習ができないが、それでもコンスタントに投げていると平均スコアは下がることは無いようだ。

ボウリングは天候に左右されず、また一人でも大勢でも楽しめる上に競技はハンディキャップ制が多いので、生涯スポーツとしても多くの人に楽しまれている。そんな「楽しく健康にボウリング」をするためにも、マイボールとマイシューズはぜひ持っていただきたい道具だ。

マイボールよりもまずはマイシューズを買おう

マイボールを持つと「ボウリングを本格的に始めている」という気分になるし、自分の指に合ったボールを持つと怪我の予防にもつながる。何より、ボウリング場に置いてあるハウスボールと比べて材質も内部のコアと呼ばれる部分も格段に良いので、曲がってピンを弾きやすいボールが手に入る。最初は投げるのに慣れなくてミスも出るが、間違いなくスコアが伸びるのでボウリング自体が楽しくなる。

同じく大切なのがマイシューズを持つこと。マイボールとマイシューズのどちらを先に買った方が良いかと訪ねられれば、私はマイシューズの購入をオススメしたい。実際に私も最初に購入したボウリング用品がシューズで、3,000円ほどの安価なシューズにも関わらず専用の靴はこんなに違うのかと驚いた。

ボウリング場に置いてある貸しシューズとの一番の違いは、片方の靴裏が滑りにくくなっているところ。私は左利きなので投げる瞬間は右足が前に出ているが、左足に履いている靴裏は滑らないので投げる瞬間に強く蹴り出すことが出来る。それだけでボールの勢いが変わってスコアが安定する。

どのボウリング場も貸し靴が300円から400円ほどするので、10回以上行けばマイシューズの方がお得になる計算だ。ボウリング場によってはお得なシューズを販売しているので、ボウリングを続けてみようかなと思ったらマイシューズの購入を一番に検討してみよう。

マイシューズでスコアが伸びてきたらマイボールを買い、さらに続けるようになったらリスタイやテープやバッグを買っていく。ボウリングは専用の道具がいくつもあるので、揃えていくという楽しみもあって“沼”にはまっていってしまう。それもまた、道具によってスコアが変わるというボウリングの楽しみのひとつだ。

ボウリングの楽しさとは

ボウリングの楽しさはいろいろとあるが、まずは「練習をすればするほどスコアが伸びる」という点だろう。もちろん、いつかどこかでスコアの伸びは止まるのだが、これだけ練習の成果が「点数」という具体的なもので分かるスポーツも少ないのではないだろうか。また、競う相手がまずは自分だというのも、誰かと競争するのが苦手な人にとってはうってつけかもしれない。

ほかにもボウリングの楽しさはいろいろとあるのだが、それはまた別の機会にお伝えしたいと思う。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!