気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

ランニングを継続するモチベーションはどうやって作るのか

ランニングを始めて5ヶ月。毎週末のランニングは欠かさず行うとともに、先月からは会社帰りに走る『帰宅ラン』も行うようになった。季節は徐々に春めいてきたが、せっかく始めたランニングをどのように継続していくかがこれからの課題だなと考えている。ランニングを継続するためのモチベーションはどうやって作っていけば良いのだろうか。 

 半年でやめる人が半数以上というデータもある

f:id:polepole103:20200322205507j:plain

スポーツメーカーのデサントが行った調査では、新たにランニングを始めてから継続して1年以上走り続けたランナーは約24%。また、6カ月以内に走るのをやめたランナーは68%にもなるのだとか。暖かくなると「少し体を動かすか」とランニングを始める人が多くなるものの、暑い時期がやってくると疲労が溜まって走るのをやめてしまうのかもしれない。

また、ランニングに限ったことではないが、最初のうちは出来なかったことが出来るようになり、記録も目に見えて良くなってくるので楽しいのだが、ある程度上達すると生長曲線が横ばいになってくるので行き詰まってしまうということもある。

私が大好きで趣味にしているボウリングも同様で、ある程度アベレージが良くなってからは成績が横ばいになり、それでも頑張って練習を続けるとまた上達するという感じだ。ランニングは「走る」というシンプルなスポーツだけに、モチベーションを維持するのが難しいのかもしれない。 

では、どのようにしてモチベーションを維持していけば良いのだろうか。

少し先の「目的」を持つ

f:id:polepole103:20200322211241j:plain

毎週淡々と走っているだけでも記録が縮まって楽しいのだが、少し先に小さくても良いのでマラソン大会へのエントリーを考えておくと目標が出来て楽しい。私も走り始めて3ヶ月が過ぎた時に5kmの記録会にエントリーしたが、小さい大会ながらも子どもから大人まで集まっていてなかなか盛況だった。

ここ最近は新型コロナウイルスの関係でイベントが自粛されているが、暖かくなってきて体も動かしやすいので、イベントの自粛が緩やかになったら気軽に参加できる大会にエントリーするのも良いと思う。

私は日本最大級のランニングポータルサイト「RUNNET」を参考にしている。

runnet.jp

少しずつでも練習に「変化」をつける

f:id:polepole103:20200322212629j:plain
毎週末に継続してランニングを楽しんでいると、徐々にながら長い距離を走れるようになってくる。最初は2〜3km走るのがやっとだった私も、1km7分台というゆっくりとしたスピードながら90分から120分継続して走れるようになってきた。

そうなると毎回同じ場所を走るのも飽きてくるし同じところをグルグル回るのもつまらないので、毎週少しでも違うコースを走るようにしている。また、以前もご紹介した『温泉ラン』もその一つで、いろんな場所を走ってゴールを日帰り温泉に設定しておくというのも楽しみがあって良い。

写真は時々走っている河川敷のランニングコースだが、いつもと逆方向に回るだけでも変化があって「ここは桜がけっこう咲き始めていたんだ」と新たな発見があった。そういうちょっとした変化を起こすというのも良いような気がする。

継続的に「記録」しておく

f:id:polepole103:20200322213029j:plain

スポーツのモチベーション維持には「記録する」ということが大切だと思う。前述したように私はボウリングを一番の趣味としているが、単にスコアを記録しておくだけではなく、倒したピンの数やスペア率なども全て記録している。スマホで簡単に記録できるアプリがあるので、ゲームごとのアベレージがグラフになったり、残りピンのパターン毎のスペア率が出て便利だ。

ランニングも同様に走った距離や時間、当日の気温、体重などをエクセルの表に簡単に記録しグラフにしている。こうしておくと月間ランニングの距離や時間が一眼でわかるので、自己満足の世界ながら走るモチベーションも向上してくる。

大切にしているのは「垂直比較より水平比較」で、他人と比べるのではなく昨日までの自分と今日の自分を比べるようにしている。そうすることで、今日のランニングは楽しかったなと思えるので精神衛生上も良い。本格的に記録を狙っている方はまた違うモチベーション維持の方法があるのだと思うが、50才も後半になってからランニングを始めた私にとっては、こういうやり方が無理なく続けられて良いような気がする。

まとめ

東京では桜も満開を迎えつつあって、週末にトコトコと走るのにも楽しみが増えてきた。これからさらに走りやすい時期になってくるが、その後に暑い夏も控えている。ボウリングとランニングの両方をいかに継続して楽しんでいくかを、これからもいろいろな方法を試しながら考えていきたいと思う。