気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

LINEで送れる年賀状「スマートねんが」を使ってみた

年賀状を出す人が少なくなってきたが、一方で年賀状を出したくても住所が分からない友人・知人もいる。住所を知らなくて友人といえるのかどうかということはさておいて、住所は知らなくてもLINEで連絡を取り合っているという方は多い。そんな方に出すために、LINE上ので年賀状を作成して送れるサービスを日本郵便が開始した。

LINEで作って送れる年賀状

f:id:polepole103:20211223220118j:plain

日本郵便はLINE上で年賀状の購入から作成、送信まですべてを「LINE」上で完結する年賀状サービス「スマートねんが」の提供を開始した。年賀状を作成して印刷できるだけではなく、相手の住所を知らない場合でも紙の年賀状が送れたりLINE上で送信することもできる。

「スマートねんが」は、複数の年賀状テンプレートがセットになった「年賀状パック」を購入することで利用でき、パックの有効期間中(2022年1月1日~同年2月4日)は何通でも送り放題となるサービス。価格は、トライアルパックが税込200円(5種)、ベーシックパックが税込300円(20種)、プレミアムパックが税込500円(30種)だ。また、若干価格は高めだが、別途1枚230円(税込)で年賀状印刷することもできる。

年賀状は送りたいけれども作成・印刷する時間が無い方や、LINEで繋がっているけれども相手の住所を知らない人に送付したい方にとっては便利なサービスだ。

nenga.yu-bin.jp

使ってみたらまずまずの使い心地

f:id:polepole103:20211223220229j:plain

さっそくLINEで「スマートねんが」を友だち追加をして使ってみた。私もLINEで連絡を取り合ってはいるものの、住所は存じ上げないという方が何人もいるのでメリットがありそうだ。

f:id:polepole103:20211223220314j:plain

操作は直感的で分かりやすく、表記や次の手順への案内も分かりやすい。今回はベーシックパック(300円)を購入したが、スマホを使ってすぐに作成できるという利点を生かす目的なのか、人物写真を入れるバターンが多いなと感じた。個人的には写真なしの方が好みなので、もう少し写真なしのバターンを増やして欲しいところだ。

f:id:polepole103:20211223220256j:plain

テンプレートを選ぶところまではスムーズに行ったが、文字入力の部分で少し手間どってしまった。最初に文字位置の調整や文字色を決めてから文字入力を行う必要があり、入力後には修正できない使用となっているようだ。まずは文字を打ってから色を着けたり字体を変えたりしようと思い操作したが、結局打ち直すことになった。この辺りは単なる慣れかもしれないが、編集時に色を変えたりできるとさらに便利だろう。

f:id:polepole103:20211223220356j:plain

作成した年賀状を保存して出来上がり!これを元旦にLINEで友人知人に送りたいと思う。なかなか便利なシステムだ。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!