気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

人気のクリスマス菓子「シュトレン」を楽しむ

クリスマスが近づいてきたが、今年も街にはクリスマスムードがそれほど漂っていない。街には少しずつ人が出るようになったが、それでも今年はまだ我慢の年だろう。だからこそ家でゆっくりと過ごすことが大切だが、美味しいお菓子があればさらに楽しい時間を過ごせそうだ。

ドイツのクリスマス菓子「シュトレン」

f:id:polepole103:20211216213400j:plain

クリスマス時期になるとベーカリーショップや洋菓子店などで見かけるのが、ドイツのクリスマス菓子「シュトレン」。真っ白な砂糖に包まれた焼き菓子で、大きさの割にはお値段が張るので「おやっ?」と思われる方も多いのではないだろうか。

シュトレンが生まれた経緯には諸説あるらしいが、西暦1400年代にドイツ東部のドレスデンが発祥となったと言われている。元々は小麦粉、酵母、油、水だけで作られた素朴な焼き菓子だったようで、中世の時代にはクリスマス前の約4週間が断食期間となっており、口にすることが出来た食材がこの4つだったのだとか。その後、時代を経るにつれてバターや牛乳が使われるようになり、さらにドライフルーツやナッツなども加わったようだ。

日本ではあまり一般的ではなかったがここ数年の間に人気が高まってきて、有名店ではクリスマス時期には手に入らないこともあるのだとか。真偽のほどはべつにして、クリスマス時期だからこそ味わえる焼き菓子には、食いしん坊の私としてはついつい手が出てしまう。

f:id:polepole103:20211216220647j:plain

先日もクリスマスを待ちきれずに、メゾンカイザーのシュトレーン(メゾンカイザーでは「シュトレーン」と表記)を買ってきた。店舗ではハーフサイズを売っているので、それを少しずつあじわっているのだが、美味しいのであっという間に食べ終わってしまいそうだ。

自宅で過ごすクリスマスには、こんな風にささやかな贅沢を楽しむのも良いなと思う。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!