気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

大好きな絵本「あのね、サンタの国ではね」を見かけて年末を感じる

f:id:polepole103:20201111213054j:plain

早いもので今年も残すところ50日余りとなり、街を歩くと年末の雰囲気が徐々に漂ってきている。書店の店頭にはクリスマス関連の絵本が並んでいて、もうそんな時期なんだなと思わされてしまう。

子どもが小さい頃は絵本の読み聞かせをほとんど毎日行っていたが、クリスマス関連の絵本も良く読んだ。書店の店頭を見て懐かしい記憶が思い起こされたので、以前書いた記事のリライト版で懐かしい絵本をご紹介させていただきたい。

子どもの目がキラキラと輝く絵本 

f:id:polepole103:20201111213348j:plain

一人息子にはほぼ毎日絵本の読み聞かせをしていたが、最も目を輝かせて聞き入っていたのがクリスマス関連の絵本。その中でも、クリスマス時期だけではなく季節を問わず喜んで聞いていたのが「あのね、サンタの国ではね…」という絵本だった。

この絵本はサンタの国での一年の様子が描かれていて、1月から12月までそれぞれ見開き1ページで紹介されている。1月はサンタの国での新年パーティーの様子が描かれていたり、2月は子ども達からのお礼の手紙を読んでいたりと、サンタの国の一年間の様子が生き生きと描かれている絵本だ。

特に7月はサンタさん達が子ども達の様子を空から見守る月になっていて、その部分を読み度にむすこが「ぼく、7月は良い子にしてたかな〜」と不安そうな顔をしていたのを思い出す。

子ども達の目がキラキラと輝くこの一冊は、今でも我が家の大切な宝物だ。 

イルミネーションも輝きはじめて

クリスマス時期になると、街を彩るのがイルミネーション。今年もあちらこちらで綺麗なイルミネーションが輝き始めていて、寒さと相まって年末の素敵な雰囲気を醸し出している。

今年は春先から落ち着かない一年となったが、このまま年末まで人混みを避けて感染防止に努めることになるのだろう。GoToトラベルで観光地に行くも良いだろうが、まずは健康第一を考えて近場のイルミネーションを静かに楽しむ。現在の感染状況を考えると、観光業の方々には申し訳ないが、近くに泊まって静かに過ごすということが必要な時期になっているのではないかなと思う。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑”いいね”と思ったらポチッとお願いします!