気分はポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

コクヨの「測量野帳」を特製革カバーに入れて持ち運ぶ

先日、コクヨの測量野帳が60周年を迎えたことをお伝えしたが、測量野帳はそれだけ根強い人気のあるロングセラー商品だ。安価な手帳なのに熱烈なファンの方も多く、様々なカスタマイズを施して使い込む”ヤチョラー”と呼ばれる方々もいるほどだ。

測量野帳専用の特製革カバー

f:id:polepole103:20190630212829j:plain

私にはヤチョラーと呼ばれるほどの熱烈さは無いが、公私ともに測量野帳を使っている測量野帳ファンだ。それもあって、お気に入りの測量野帳は専用の革カバーに入れて持ち歩いている。

ヤチョラーの皆さんはご自身で様々なカスタマイズをされているが、私が行っているのは革カバーとゴムバンドを装着している程度だ。それでも測量野帳をむき出しで使うよりも使いやすくて重宝している。

f:id:polepole103:20190630213035j:plain

使っている革カバーは、ご夫婦で革製品の工房を開いている「cokeco(コケコ)」にお願いして作ってもらった。ご夫婦ともに知り合いなので無理を言って作ってもらったのだが、なんだかんだでここまで10年ちょっと使い続けている。縫い目もまだまだしっかりしていて型崩れもしていないのは、さすがに革職人が一針ずつ丁寧に縫っていったからこそだろう。

手作り品は長持ちするというのは良く言われることだが、なるほどその通りだなと思う。当時7,000円程の価格でカバーとしては高価だったが、10年以上使うことが出来ればそれも納得の価格だと思うがいかがだろうか。

cokeco.net

10年前のオリジナル手帳カバー

f:id:polepole103:20150829215541j:plain

10年前に作りたてのホヤホヤだった頃の写真がこちら。「MBOXタバコ」という皮を使ったオリジナルカバーで、シンプルな手帳に合うよう作りもシンプルにしていただいた。

f:id:polepole103:20150829215603j:plain

開いた部分のマークもこの頃はピカピカだったが、10年経つと風格が出てきて今の方が良いなと感じる。ロングセラー商品には使い込んだカバーも似合うということだろう。

本格カスタマイズを知るならこのサイト

f:id:polepole103:20160220214752j:plain

コクヨのホームページに100人100の野帳特集という特集ページがある。様々なカスタマイズが施された測量野帳が登場するさいとだが、皆さんのオリジナル測量野帳を拝見するとカスタマイズをするのも楽しみ方の一つなんだということが良くわかる。

f:id:polepole103:20160220220555j:plain
http://www.kokuyo-shop.jp/shop/u_page/honne06.aspx

そのひとつに私も寄稿させていただいていて、専用の革カバーを使っていることを書かせていただいた。もうかなり前のことだが、ちょっとだけ自慢だ。私は単に革カバーを使っているだけのことだが、他の方の使い方を見ると横版にして使っている方や、スクラップブックとして使っている方など、表紙のカスタマイズだけではなく使い方自体も多岐に亘っていて面白い。とても参考になるページだと思う。

コクヨのホンネ06