気分はポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

【新商品】コクヨが「測量野帳60周年限定ボックス」を発売!周辺グッズも見逃せない

コクヨといえば、文房具を思い浮かべる方もオフィス家具を思い浮かべる方もいらっしゃるだろうが、私は様々な文房具を世の中に送り出しているメーカーという認識が強い。特に大好きなのは、コクヨ書品の中でも超ロングセラー商品として名高い「測量野帳」。世代を超えて、仕事の枠を超えて人気の高い測量野帳は発売から60周年。記念の商品もまたクラシックな雰囲気の、素敵な限定品として登場する。

限定ボックスと周辺グッズ

f:id:polepole103:20190630210927j:plain

コクヨはロングセラー商品「測量野帳」の発売開始60周年を記念して、数量限定の「測量野帳60周年限定ボックス」「野帳用ブックバンド」「野帳用テンプレート」「クラシカルポーチ」を7月8日(月)に発売する。価格は、それぞれ限定ボックスが2,900円(税別)、ブックバンド760円(税別)、テンプレート650円(税別)、クラシカルポーチ1,200円(税別)を予定している。

f:id:polepole103:20190630211126j:plain

「測量野帳60周年限定ボックス」には限定デザインの測量野帳6種類と、「測量野帳用クリアカバー」、60周年ロゴマーク入りの非売品サコッシュバッグがセットになっている。

ここ数年人気となっているサコッシュバッグは、少ない荷物を気軽に持ち運ぶためのバッグ。サコッシュとはフランス語でカバンや袋を意味しており、自転車レースの際にドリンクや補給食などをレーサーに渡すためのバッグだったようだ。その性質上、軽くて荷物が取り出しやすいというのが特徴だが、アウトドアシーンで使われることも多くなり、最近では街歩きの際に必要最小限の小物を入れて持ち歩くのにも使われている。

サコッシュバッグの非売品がセットになっているところに、おじさん世代の私にはコクヨのセンスの良さを感じのだがいかがだろうか。

限定ボックスと同時に発売される「野帳用ブックバンド」や「野帳用テンプレート」は、測量野帳が大好きなヤチョラーと呼ばれる方々には便利に使える道具となるだろう。しかし、測量野帳を使い込んでいる方は自分でカスタマイズしている方が多いので、これからハードに使い込もうという方にこそ便利な道具なのかもしれない。

「クラシカルポーチ」も含めてワクワクするような、ちょっと旧くて新しいというような商品ばかりなので、ぜひコクヨのホームページで詳細を確認していただきたい。私も発売されたらすぐに周辺グッズを含めて手に取ってみたい。

測量野帳 発売60周年限定商品|コクヨ

ロングセラーの理由はシンプルさか 

f:id:polepole103:20160220212320j:plain

測量野帳はコクヨが1959年に発売を開始した手帳で、発売から60年に亘って売れ続けている超ロングセラー商品だ。もともとは測量士が使うために作られた手帳で、現在も製品の種類としては製図用品に分類されている。

製図用品とはいえ、胸ポケットに入る大きさや立ったまま書くことができる固い表紙、書きやすい紙質などが人気となった。シンプルな作りとコストパフォーマンスの良さも手伝って、現在では一般的な手帳としてコンスタントに売れ続けている。

罫によっていくつかのタイプがあるが、私が愛用しているのは3mm方眼の「スケッチブック:というタイプだ。メモを取る時に絵文字や記号を多用するので、自由に描くことができるこのタイプが重宝している。コストパフォーマンスを考えると、これほど使い勝手の良い手帳はない。

メインの手帳は他にあったとしても、ビジネスバッグなどに一冊入れておくと便利な手帳だと思う。

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3