おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

手帳も鉛筆も60周年!ロングセラー商品には売れ続ける理由がある

日々、色々な商品が世の中に発売されている。話題の新商品もあれば何に使うのかわからないような商品もあって、まさに珠玉混合とはこのことだろう。また、話題になる商品もすぐに廃れることが多々あり、売れ続けるというのはたいへんなことだなと思う。

世の中には数十年も売れ続けるロングセラー商品というのがいくつかあって、文房具の世界でも「定番」として使われ続けている商品がある。そんなロングセラー商品の代表格が、共に60周年を迎える。

手帳の定番「測量野帳」

f:id:polepole103:20180311211327j:plain

コクヨの測量野帳は、書きやすくて持ち歩きやすいためファンの多いロングセラー商品だ。私も常にビジネスバッグに入れて持ち歩いているが、かさばらず持ち歩けるのが気に入っている。

測量野帳はコクヨが1959年に発売を開始した手帳で、発売から60年売れ続けているという超ロングセラー商品だ。60年と言えば、昭和、平成、令和の3つの年号を越えることになるので、そう考えるとなるほどすごい。

もともとは測量士が使うために作られた手帳で、現在も製品の種類としては製図用品に分類されている。 製図用品とはいえ、胸ポケットに入る大きさや立ったまま書くことができる固い表紙、書きやすい紙質などが人気となった。コストパフォーマンスの良さも手伝って、現在では一般的な手帳としてコンスタントに売れ続けている。

罫によっていくつかのタイプがあるが、私が好んで使っているのは3mm方眼の「スケッチブック」というタイプ。メモを取る時に絵文字や記号を多用するので便利だ。また、 「ヤチョラー」と呼ばれるコアなファンが多く、カスタマイズ専用のサイトまであるので、自分好みの手帳を持ち歩きたい人にもお勧めだ。ちなみに私の測量野帳も「No.001」で紹介されているのがささやかな自慢だ。

メインの手帳は他にあったとしても、ビジネスバッグなどに一冊入れておくと便利な手帳だと思う。   

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3

 

www.kokuyo-shop.jp

鉛筆の定番商品「三菱ユニ」も60周年

f:id:polepole103:20190403063523j:plain

三菱鉛筆株式会社は、同社の高級鉛筆「uni(ユニ)」が発売60周年を迎えたことを記念して、特性の記念鉛筆を発売している。「三菱uni」といえば私が子どもの頃の昭和40年代に、爆発的な人気があった鉛筆だ。実家が文房具屋だった私もなかなか使わせてもらえず、買った後はプラスチックの透明ケースから大切に出し入れしていたものだ。

60周年記念の鉛筆は、軸に「uni 60th Anniversary」と箔押しされていて、特性のケースには特性のロゴが印刷されている。価格は1ダース1,200円(税別)で硬度は2Bが採用されている。

「uni」は1958年に高級製図用鉛筆として発売されたが、デザイン性の良さやプラスチック製のダースケースに入ってたことで憧れの文房具となった。そのデザインを継承した記念ダース鉛筆は、手触りの良い貼り箱に入っていて、色も三色ある。昔あこがれていた大人が買って使うのも良いし、子どもへのプレゼントとして買っても良いかもしれない。懐かしくて新しい記念商品だ。