気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

伊東屋渋谷店閉店に伴い「オリジナル測量野帳『渋谷店限定柄』」を発売中

約80年ぶりに新駅舎が建てられ、2020年1月3日に移転した東京メトロ銀座線渋谷駅。大規模な都市再開発が進められている渋谷がまた一つ大きく様変わりしたが、一方で昔ながらの文具店が3月末に閉店した。

20年の歴史を閉じた「伊東屋渋谷店」

f:id:polepole103:20200404105950j:plain

東京メトロ銀座線渋谷駅の東急東横店改札前にあったのが、銀座に本店を持つ伊東屋の渋谷店。東急東横店の3階で営業していたので、銀座線を降りて井の頭線に向かうときにすぐに立ち寄れて便利だった。

oyakode-polepole.hatenablog.com

私も渋谷方面に仕事で出掛けたときには必ずと行って良いほど立ち寄ってたお店で、日常使いの文房具から高級万年筆などまで幅広い文房具がおいてあり、さすが伊東屋だなという品揃えだった。

20年前にオープンした渋谷店だが、渋谷駅周辺の再開発のために東急東横店が営業を終了することに伴い閉店となった。閉店までの1ヶ月は閉店セールも開催され、大勢のお客さんで賑わっていたが交通の弁が良く品揃えも豊富だったので残念だ。

閉店記念の測量野帳をWebショップで販売中

f:id:polepole103:20200404110748j:plain

伊東屋では渋谷店の閉店に伴い、オリジナル測量野帳『渋谷店限定柄』」を発売している。3月1日から閉店までは渋谷店で販売していたが、好評につきWebショップでも販売を継続している。

コクヨの測量野帳は1959年に発売が開始された測量士用の手帳で、昨年2019年に60年周年を迎えた超ロングセラー商品だ。シンプルなデザインと使いやすさが評判の手帳だが、オリジナル版の製作も行っていて多種多様なオリジナル版が販売されているのも特徴の一つだ。

今回発売されている伊東屋の渋谷店限定柄は、目にも鮮やかな黄色の表紙を使っており、ハチ公やスクランブル交差点をイメージしたクロスマークと伊東屋のシンボルマークであるクリップなどがデザインされている。カスタマイズ版のオリジナル測量野帳なので価格は418円(税込)とそれなりのお値段だが、伊東屋ファンにとっては記念になる一冊となるのではないだろうか。

■伊東屋オンライン→特集|伊東屋オンラインストア