気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

電子メモパッド「ブギーボードBB-14」を手帳と一緒に持ち歩く

最近ではノートを持ち歩くのではなく、手帳とメモ帳とで打合せや定例会議、来客対応を行うことが多くなった。職場がフリーアドレスになっているので、持ち歩く文具類も自然とコンパクトになってきたようだ。最近では電子メモパッドと手帳と組み合わせて、とても便利に使っている。

手帳サイズの電子メモパッド「ブギーボードBB-14」

f:id:polepole103:20210817191134j:plain

手帳とともに持ち歩いているのが、キングジムの「ブギーボード BB-14 」という電子メモパッドだ。今年初めの2021年1月20日に発売開始となった暑品で、一般的なA6サイズの手帳と一緒に持ち歩けるコンパクトなモデルだ。画面のサイズは約6インチ(幅93mm×縦124mm)で重量は約75gと軽量コンパクト。私は「ほぼ日手帳」オリジナルサイズと一緒に持ち歩いているが、厚さが5.5mmと薄いので手帳の表紙に挟んでもかさばらないのが良い。

また、本体の裏面にはマグネットが内蔵されているので、冷蔵庫やデスク横などに貼り付けておくこともできて便利だ。カラーバリエーションは、キイロ、ミドリ、ネイビー、クロ、シロの5色展開となっている。 

f:id:polepole103:20210817191732j:plain

また、今まではブギーボードに書いた文字はほとんどのタイプで保存できなかったが、1月から無料配信されている「ブギーボード専用アプリ『Boogie Board SCAN』を使えば画像データとして保存できるようになった。

f:id:polepole103:20210817192017j:plain

f:id:polepole103:20210817192027j:plain

下手なイラストで恐縮だが、アプリを立ち上げて数タッチで保存することができた。このアプリを活用することで、会議中のメモや電話などのメモも保存することが出来て良い。今まで以上にブギーボードを活用することが出来そうだ。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!