気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

コンビニで「テレキューブ」、意外な組み合わせだが便利か

最近、首都圏のJR駅などで見かけるようになった「テレキューブ」。短時間での利用が可能な個室型のブースだ。すでにご利用になった方もいらっしゃると思うが、コンパクトにまとめられた室内は、防音対策がしっかりとなされているとともに、高い居住性と換気性能を有しているのが特徴だ。出張中に少しだけメールチェックを行ったり、プレゼン資料の手直しや社内システムでの決裁作業を行うときなどに便利だ。

コンビニにテレキューブ

f:id:polepole103:20210713212702j:plain

そんなビジネスシーンの利用が多いブースが、時々顔を出すビジネスビルの中にあるコンビニに設置されていた。元々はコンビニのイートインが設置されていたエリアなのだが、コロナ禍で飲食不可として閉鎖していた場所を活用するという感じだ。現在は一台のみ設置されているが、利用頻度が高ければ隣のスペースに順次増設されるのではないかと思う。

 

なかなか便利なブースなのだが、オフィスビルの中にあるコンビニに設置してニーズはあるのだろうか?そう思ってビルに勤める知人に聞いてみると、設置されてまもないものの割と使われている時間が多いらしい。

私がお店を覗いた時にも利用中だったが、休憩時のサラリーマンやOLなどが電話をしたりスマホを操作したりするのに使っているようだ。また、仕事で立ち寄ったサラリーマンが約束の時間まで作業を行ったりするのに利用しているらしい。従量性で15分300円弱の料金がかかるのだが、気兼ねなく電話をかけたり作業を行なったりする場所を確保できるのなら、決して高くはない価格設定だということだろう。

コンビニの室内にあるメリットとしては、飲み物などを買ったついでに利用出来るということや、暑さ寒さに関係なく快適に使えるということなとがあるのかもしれない。また、ビル内にあるコンビニなので24時間営業ではないので、治安の面でもコンビニ側として管理しやすいのだろう。

トイレの個室で飲食をするという私には考えられない行動をする人も多い世の中だけに、コンビニに設置されたテレキューブは気軽に自分だけの空間を確保できる場所として、案外利用者が増えるのかもしれない。定期的にお店を覗いてみたいと思う。

telecube.jp

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!