気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

夏到来!「夏太り」のメカニズムを知って体重維持を図る

若い頃から暑くなると徐々に体重が増えてきて、秋口になると体重が落ちるということを毎年大なり小なり繰り返してきた。

夏になったからといって運動不足になるわけではなく、カロリーの多いものを食べているわけではないので不思議に思っていたが、「夏に太ってしまう」ということには理由があった。

栄養不足が「夏太り」を招く

f:id:polepole103:20150522220856j:plain

暑くなってくると麺類やアイスなどを食べる機会が増えるため、体内にビタミンやミネラルが不足し、脂質が燃えにくい体質になってしまう。そのため、体内に入った脂質がそのまま脂肪になってしまい「暑くて食が細くなったのに太る」ということにつながるようだ。

さらに、暑くなるとソフトクリームやアイスなどをついつい食べてしまうが、ソフトクリームなどに含まれている糖分は体に入るとインスリンを分泌させる性質がある。インスリンは血中の糖分をすぐに脂肪に変える働きがあるため、太りやすくなった身体をさらに太らせてしまう原因にもなる。暑いからといって冷たいアイスやかき氷をむやみに食べてしまうのは控えた方が良さそうだ。

睡眠不足も「夏太り」のもと

梅雨明けからグングンと気温が上がり、夜になっても気温が下がらず熱帯夜が続いて寝苦しくなってきた。同じように、仕事や遊びで夜遅くまで置きていて寝不足になるということもあるだろうが、寝不足もまた夏太りになる理由の一つらしい。

良く言われているのが「睡眠不足は基礎代謝を下げてしまうため、結果として太りやすくなる」ということ。また、「睡眠不足⇒だるい⇒食欲がない⇒冷麺やアイスを食べる」という連鎖が起こり、結局として基礎代謝を下げてしまうことにつながるのかもしれない。

昔からいわれているように「早寝早起き腹八分」が健康のもとで、当然のことながら夏場も規則正しい生活を続けるとともに、意識して運動を行うとことが大切なようだ。

夏太りしないための生活習慣とは

f:id:polepole103:20150522221415j:plain

夏太りをしないためには「きちんと食べて、きちんと寝る」ということが大切なようだが、思い起こしてみると子どもの頃にはそんな夏を過ごしていた。

夏休みは日が昇る頃に起きて近所の神社や広場に行き、町内会の人が流すラジオ体操の音楽に合わせてラジオ体操で身体を動かし、家に戻ってしっかり朝ごはんを食べる。午前中の涼しいうちは夏休みの宿題を片付けて、午後は思い切り遊んで夜は蚊帳の中でぐっすりと眠る。

昔の子ども達が過ごしていた夏休みの生活は、夏バテも夏太りもしない健康的な生活リズムだったんだなと思う。また、昔はクーラーが無かったので夕方になると水打ちをして、窓を開けて涼しい風を入れて蚊帳を吊るなど、涼しく過ごす工夫をしていた。

熱帯夜はコンクリートの熱やクーラーの室外機の熱なども発生原因だといわれているので、現代では昔ながらの生活をするというのは難しいかもしれない。しかし、「早寝早起き、涼しいうちに用事を済ませて、しっかりと食べる」というのは、生活習慣として実践する価値はあると思う。

夏になると太ってしまうとお悩みの方は、一度早寝早起きを含めた生活習慣の見直しをしてみてはいかがだろうか。