気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

水着素材で作られた柔らかマスク「クロッツ マスク」

マスクの品不足が問題になってから数ヶ月が経つが、いまだに市場はマスク不足で高額な商品もまだまだ売られてている。一方で、洗って繰り返し使えるマスクが見直されてきていて、手作り品を含めて様々な商品が販売され始めている。エコの観点からも好ましい流れだなと思う。その中でも、地方のウエットスーツ製造販売会社が作る「水着素材で作られたマスク」の着け心地がなかなか快適だと評判だ。

水着素材のマスク「クロッツ マスク」

f:id:polepole103:20200505165415j:plain

水着素材で作られているのは、大分県国東市で製造されている「クロッツ マスク」という商品だ。サイズはS(子供用)・M(女性用)・L(男性用)の三種類で、カラーはホワイト・グレー・ブラックの2色だ。価格は2枚セットで800円(税込み、送料別)となっている。

製造販売を行っているのは、地元のベンチャー企業としてスタートしたヘルメット潜水株式会社。元々はウエットスーツ製造会社としてスタートしたが、その後自社ブランドのウエットスーツの製造販売を開始し、現在ではウエットスーツの素材や水着の素材で様々な商品の製造販売を行っている。湯たんぽや介護グッズなど、どれも暖かい雰囲気の商品ばかりで思わず頬が緩んでしまう。

判官贔屓(ほうがんびきい)というのだろうか、こうやって小さいながらも頑張っている会社を知るとついつい無条件で応援してしまう。私自身も九州の生まれ育ちなので、九州に対する思い入れもあるのかもしれない。

ふるさと納税の返礼品にもなっている

f:id:polepole103:20200505170437j:plain

水着素材を使った「クロッツ マスク」はふるさと納税の返礼品としても扱われているが、商品代金と送料を合わせると1,500円近くするので、このマスクだけを買うのであれば3,000円のふるさと納税を利用するのも一つの方法だと思う。

ただし、ふるさと納税の場合には選べるのはサイズだけで、カラーを選ぶことはできずホワイトとグレーのどちらかが届くことになっている。

我が家にもワンセット届いた

f:id:polepole103:20200505170909j:plain

私も先日ふるさと納税を利用して、このクロッツマスクを申し込んだ。申し込んでちょうど2週間で届いたので、割と早い方だったかもしれない。

さっそく装着してみたが、素材が柔らかくて鼻から顎までぴったりとフィットする。それでも息苦しくならないのは、素材の通気性が良いからだろう。医療用ではないので細かなウイルスをシャットアウトすることはできないだろうが、飛沫感染を防いだり自分のくしゃみや咳で飛沫を飛び散らせることは防止できるだろう。耳にかける部分もとても柔らかいので、長時間装着していても痛くなったりしないのが良い。

素材の耐熱温度が150~230℃ほどなので、熱湯消毒をしてから洗濯ネットに入れて洗うことができるようだ。マスク不足がまだまだ続くようなので、しばらくは通気性の良いこのマスクを使うことにしたいし、ランニングの時にも使えて重宝しそうだ。

www.cloz.biz

www.furusato-tax.jp