おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

リヒトラブからアルミシリーズの「スマホスタンド」が登場

 文具メーカー各社は様々な新商品開発を行っているが、それぞれに特徴があって新商品情報を見ているだけでもとても楽しい。リヒトラブも好きなメーカーの一つだが、最近では今までと少し違った路線の商品も登場していて興味深い。

シンプルなアルミ製のスマホスタンド

f:id:polepole103:20160406205425j:plain
http://www.lihit-lab.com/products/newproducts/archives/2016/02/post-77.html

 大阪に本社をおくヒリトラブが、今年2月からアルミ素材を使った「Deskit ALUMI(デスキットアルミ)シリーズ」を展開しているが、そのなかでも「スマホスタンド」がFacebookで紹介されていた。

 ヒリトラブといえば、シーンごとの使いやすくておしゃれな文房具類を発売している会社だが、プラスチック素材やビニール素材など、軽めのものを使用しているというイメージがあった。それだけに、スタイリッシュなアルミ素材のスマホスタンドは新鮮だ。

f:id:polepole103:20160406211341j:plain
https://www.facebook.com/LIHITLAB.INC/posts/1145523378820866

 シンプルな形なので職場でも家庭でも違和感なく使えると思う。違和感なく色々な場所で使えるというのがアルミ素材の良さなのかもしれないし、軽くてサビが出ないという点も扱いやすくて良いかもしれない。

f:id:polepole103:20160406211502j:plain
https://www.facebook.com/LIHITLAB.INC/posts/1145523378820866

 形状的にはスマホを縦置きにして固定するようになっており、iPhoneのように下部に充電コードを挿すタイプに対応している。充電口が横についているタイプでも使えるが、安定感を考えると下部に充電口があるスマホの方がより使いやすいだろう。

 また、スマホを置く場所はU字型になっていてしっかりとホールドしてくれるが、ケースを含んで13mmまでのスマホに対応しているので、充電口の場所や本体の厚みを確認してから購入を検討してほしい。

 アルミ製やアルミ風のスマホスタンドはいろいろと発売されており、今回ご紹介した商品と似た形状のものもある。それでもリヒトラブの商品に興味津々となるのは、リヒトラブの他の商品が使いやすくて自分好みだからだろう。

 実際に触ってみないと商品の質感や重量感はわからないが、価格も2,000円(税別)と手頃なので一台持っておいても損はないかもしれない。

www.facebook.com

こんなアルミ商品も使っています

f:id:polepole103:20160406212308j:plain

 私が使っているアルミ製品のうち、一番お気に入りなのが「MacBook Air / Pro (Retina) iPad スタンド クラムシェル」という商品だ。アルミ製ながらずっしりとした重さがあり、MacBook Airを置いてもしっかりと保持してくれるのが頼もしい。

 身の回りで使う道具の素材は、どちらかというと木製品が好きだ。それでも、MacBook Airの場合にはアルミ製のこの商品の方が似合うなと思い購入した。今回ご紹介したスマホスタンドと同様に、置くものを引き立ててくれるところに惹かれたのだろうと思う。