気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

時々無性に食べたくなる「長崎皿うどん」

食いしん坊の私には、時々無性に食べたくなるものがいくつかある。例えばオムライスやスパゲッティナポリタン、そして「長崎皿うどん」もその一つだ。生まれ育ちが九州の南の方なので、子どもの頃はあまり皿うどんを食べたことがなく、名前だけ見て焼きうどんを想像していたぐらいだ。

長崎皿うどんを食べて美味しいなと思ったのは、社会人になって旅行で長崎を訪れた時だった。その当時は既に東京で働いていたのだが、東京にある長崎チャンポンのお店は知っていたものの入ったことはほとんどなかった。それが、旅行で立ち寄った長崎駅前の食堂で食べた皿うどんが絶品で、それ以来皿うどんを定期的に食べるようになった。

麺がバリバリの状態も好きだが、上に乗った餡で麺が柔らかくなった部分が大好きで、更にお酢をぐるっと一周回し掛けすれば完璧。今回も美味しくいただいた。

ちなみに「皿うどん」と「かた焼きそば」の違いは、麺の太さによるのだそうだ。細麺を皿うどんと、太麺をかた焼きそばと呼ぶのが一般的だそうだが、調べているうちに美味しいかた焼きそばも食べたくなってきた。

www.ringerhut.jp

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!