気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

「線の波紋 」(長岡弘樹)Kindle版、”誰かが誰かを守ろうとする”連作短編集

お題「#おうち時間

ゴールデンウィークの始まりはいつからなのだろうか。一般的には5月2日から5月6日までの5連休だが、4月30日と5月1日に休みを取って実質4月29日からゴールデンウィークに入っているという人もいるだろう。また、先週土曜日から5月10日まで一気に16連休という人もいるようだし、逆にゴールデンウィークに関係なく仕事という人もいる。

もちろん、新型コロナ関連で休みもなく働いていらっしゃる医療従事者の皆さんや、そのほか国民生活維持要員として日々働いていらっしゃる方には頭が下がる思いだ。ありがとうございます。

国民生活維持のためには全く役に立っていない私などは、世の中のために休日や週末はしっかりとステイホームすることが大切だと肝に銘じている。基本的には家の中で片付けや読書などで時間を過ごし、人が少ない時間を見計って軽くジョギングをする。それがここのところの休日、週末の過ごし方だ。

本好きなので読書のために家の中にいるのは全く苦では無く、逆にゆっくりと本を読む時間を確保できるのはありがたい限りだ。しかし、多くの書店が閉店しており、開店してたとしてもうっかり買いに行くのもはばかられる。元々、書店で平積みの表紙を見たり書店員手書きのPOPを読んだりしながら本を選ぶのが好きなのだが、今しばらくはそれも我慢してAmazonなどで注文したりKindle版をダウンロードすることにしている。

本好きなのだが「紙好き」でもあるので、本来であれば書籍を購入してページをめくりながら読みたい。しかし、これはと思う書籍がKindle版で発売されていると『今すぐに読める』という誘惑にあらがうことができず、ついついポチッとしてしまうことも多い。

線の波紋

長岡広樹さんの「線の波紋」も、書籍が届くのを我慢できずKindle版をポチッとしてしまった一冊だ。ジャケット(表紙)はちょっとホラーな感じを受けるが、表紙から受ける印象とは裏腹に人の心の動きを丁寧に追いかけたミステリー仕立ての連作短編集だ。

一人娘の真由を誘拐された市役所勤めの白石千賀。一ヶ月経っても娘の行方がわからない中、千賀は役場の仕事に復帰するが「娘さんが死体で発見されました」といういたずら電話が何回もかかってくる。地下の仕事は溜池工事の入札に関わるものだが、その仕事に談合の疑いも出てきて千賀は精神的に追い詰められていく。(第一章「談合」)

仮設資材メーカーの子会社のそのまた地方支社に勤務する久保和弘は、上司に指示されて小額ながら横領を働いていた。周囲にバレないように伝票の操作を行っていたが、経理に勤務する鈴木航介にはその手口を見破られていた。しかし、航介は久保の小学校からの幼なじみであり気が小さいことから、何とか横領のことを気づかないよう頼み込む。その航介は、久保の不正を指摘してから一週間後に刺殺体として発見されるが、不思議なことにその表情には笑みが浮かんでいた。(第二章「追悼」)

真由ちゃん誘拐事件の犯人を追いかけている女性刑事の渡亜矢子は、無事に保護された幼い真由からの証言を引き出すのに苦慮していた。2歳の真由は言葉を覚えたばかりで言葉の意味を把握するのが用意ではなく、また事件の際に負ったであろう心の傷によってなかなか言葉にすることもできないようだ。しかし、元刑事で現在は老人介護施設の園長を務める笹部の助言などを聞き、さらに独自の工夫を凝らすうちに犯人の家らしき場所を探し出すが、、、。(第三章「波紋」)

老人介護施設『きさらぎ園』に勤める粕谷和子は、半分引きこもり生活を送る息子の正俊との対応に日々苦慮している。滅多に顔を合わせることがなく、それでも人形づくりのための専門学校には時々出かける正俊。食事もドアの前に置くだけの生活が続いていた。そんな時、『きさらぎ園』の園長笹部から息子の同行を聞かれたり、不審とも思える作業を頼まれたりすることが多くなってくる。さらに、新たに入所してきた老女が真由ちゃん誘拐事件の目撃者だった。(「第四章 再現」)

 ひとつひとつの短編はそれぞれの登場人物の心の動きが丁寧に追いかけられており、物語の中で発生する事件の結末にも意外性を感じて前のページを読み返してしまうぐらいだ。さらに、全ての話は最終話で一つの流れとなって繋がり、発生したそれぞれの事件の背景に「誰かが誰かを守ろうとした事実」を知ることになる。

表紙に登場している人形の顔はリアルさで有名な球体関節人形だが、全ての短編に関連のある人形だった。長岡弘樹さんの小説は、人の心にある優しさや哀しさや異常性などを丁寧に表現されているが、この物語も読後にいろいろと考えさせられる一冊だった。

線の波紋

線の波紋

  • 作者:長岡弘樹
  • 発売日: 2015/12/25
  • メディア: Kindle版