気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

卓上カレンダーとして使いスケジュール手帳として持ち運ぶ「キャンパスダイアリー・マンスリー 卓上タイプ」

小さな卓上カレンダーを二つ、職場の机の上に置いている。一つは今の月を出しておき、もう一つは翌月のカレンダーを出しておく。そうすることで、来月までの予定が一目でわかるようになるのだが、これはアナログならではの使い方だろう。そういった「アナログならではの使い方」ができる商品が発売されている。

立てて持ち歩くカレンダー

キャンパスダイアリー・マンスリー 卓上タイプ

コクヨのキャンパスノートといえば、1975年の発売から売れ続けているロングセラー商品だ。バリエーションも豊富で様々な種類のキャンパスノートが発売されているが、その中でも今年8月に発売された「キャンパスダイアリー 卓上 」は珍しいタイプのノートだ。

f:id:polepole103:20171023194652j:plain
http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2017/07/1971.html

キャンパスノートとして持ち歩くだけではなく、カレンダーパーツを使って卓上カレンダーとしても使うことができるようになっている。日頃からスケジュールを書き込んだり、スケジュールに関連したメモや連絡先などを書き込むという使い方をしている人には便利な商品だ。

表紙のカラーは「ライトブルー」「ピンク」「ダークグレー」の三色があるので、用途や好みでチョイスするのも良いだろう。

f:id:polepole103:20171023195035j:plain
http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2017/07/1971.html

一般のスケジュル手帳に比べると内容はシンプルで、月間カレンダー、年間カレンダー、年度計画表以外には方眼罫のノートが32ページ付いているという構成だ。逆に月間予定は書き込む場所が多いので、細かく書いていけばかなりの量のデータを記入することができそうだ。

会議などのメモは専用のノートを用意し、スケジュールに関連したことはこの卓上タイプのダイアリーに集約する。そんな使い方が便利だろう。

他にもある卓上カレンダー型手帳

今回ご紹介した「卓上カレンダーにもなる手帳」は、他のメーカーからもいくつか発売されている。目についたところでは、カール事務器の商品とマークスの商品だろうか。

カール事務器 カレンダー 手帳 2018年 1月始まり マンスリー A5 レザー CCT-1801

カール事務器 カレンダー 手帳 2018年 1月始まり マンスリー A5 レザー CCT-1801

 

他のメーカーからも同様の商品が発売されていると思うが、大きさや中身や表紙の手触りなど総合的に考えて選ぶのが良いだろうと思う。あるいは、仕事用とプライベート用とに使い分けるという方法もあるかもしれない。