読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ぺんてるさんに感謝!「ボードにフィット ホワイトボードマーカー」が使いやすい

ホワイトボードに文字を書くのが苦手な人は案外多い。私もその一人だ。普通に文字を書くのであれば人並みだとは思うのだが、ホワイトボードに書くと途端に情けない文字になってしまう。そんな悩みを少しでも楽にしてくれるマーカーが発売されているが、確かにかきやすくて読みやすい文字になるから不思議だ。

ぺんてるのホワイトボード用マーカー

ボードにフィット ホワイトボードマーカー

今回購入したのが、ぺんてるの「ボードにフィット」というホワイトボード用マーカー。他のマーカーと比較して、ペン先が丸くなっているのが特徴だ。

バタフライボード

普段からメモや考えことをするために「バタフライボード」を使っているが、マーカーについては日頃から書きにくいなと感じていた。そこで買ってみたのが、書きやすいと評判のこのマーカーだ。 

「ボードにフィット」と「通常マーカー」の書き比べ

実際に書き比べてみると文字の雰囲気が大きく違うことがわかる。今まで使っていたマーカーと比べて、線の太さに強弱ができるので見やすくて良い。

ペン先の説明

説明によると先端が丸みを持っているうえに、根元が柔らかく曲がるので筆圧によって文字の太さが変わってくるのだとか。さらに、先端が丸みを持っているので「止め」や「はね」ができて、文字に表情が生まれてくる。

ただし、細かい数値を書き込んだり注釈を加えたりするときには、従前のマーカーを使った方が書きやすい場合も多い。どちらが良いということではなく、双方の使いやすい場面で使い分ける事も必要ではないだろうか。

マーカーを使うときのちょっとしたコツ 

ホワイトボードや黒板に字を書くときには、自然と手を離して書いてしまう。だから書きにくいのだとか。

そこに気を付けながら書けば、少し書きやすくなるのだとか。さらに、先端が柔らかいマーカーを使えば文字に強弱がついて、ぐっと見やすくなるうえに、ボードに弾けれる感覚がないので書きやすい。

ちょっとしたことだが、ホワイトボードが苦手な方には試してみる価値があると思う。