読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

温度別の源泉かけ流しが心地良い/山梨県増富温泉「増富の湯」

 家族そろって温泉が好きで、年に何回か山梨の温泉を中心にしてでかけている。しかし、今年は例年に比べて家族そろって忙しくてなかなか温泉にゆっくりつかるということができていない。

 それでもたまには骨休め。思い切って休みを取って、毎年何回か訪れている山梨のお気に入りの温泉に行ってきた。

■「日本の里100選」の里にある増富温泉

f:id:polepole103:20140819153733j:plain

 山梨県北杜市須玉町にある増富地区。日本の里100選に選ばれているのどかな雰囲気の里山で、近くには名峰といわれる瑞牆(みずがき)山がある素敵な場所だ。

f:id:polepole103:20140819170647j:plain

 増富地区にはラジウム温泉が沸く増富ラジウム温泉渓があるが、その中でも日帰り温泉施設の「増富の湯」は山歩きの後にも気軽には入れる、とても気持ちの良い温泉だ。入口の左側には「リュック置き場」があるあたりは、登山口近くにある温泉施設ならではだなと思う。

■源泉かけ流しが温度別に楽しめる日帰り温泉施設

 入り口を入るとお土産が並んだ簡易休憩所があり、左に行くとお風呂で右に行くと広い休憩所と食事処がある。全体的にゆったりとした造りになっているので、お風呂から上がってもノンビリとくつろげるようになっていて良い。

f:id:polepole103:20140819165150j:plain

http://www.masutominoyu.com/onsen.html

 泉質は「二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」で、筋肉疲労や内臓疲労などに効くお風呂。浴槽もジャグジーや打たせ湯や寝湯など多彩だ。なによりもここのお風呂は「源泉掛け流し」の浴槽が複数あって、25度・30度・35度・37度という4種類の温度の源泉掛け流しが楽しめる。

 25度の浴槽は今の時期にはかなり冷たく感じるが、30度、35度と徐々に温度を上げて入浴していくと、身体の心から温まってきてついつい長湯をしてしまう。長湯をしても温度が高いわけでないので、のぼせるわけでもなく温泉の効用を十分に身体に取り入れることができる。

 特に35度と37度の温泉は体温に近い温度なので、入っているうちに身体も心もリラックスしてきて、ついついウトウトとしてしまうぐらい気持ちが良い。「増富の湯」はこの温度差のある源泉掛け流しを味わえるというところが、他の日帰り温泉施設とは一線を画している部分だと思う。

◇日帰り温泉「増富の湯」
 営業時間:12/1ー3/31→10:00〜18:00、4/1ー11/30→10:00〜19:00
 料金:大人・中学生以上720円、4歳以上小学生まで510円

http://www.masutominoyu.com/sisetu.html