気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

ボウリングボールを「ボールコンディショナー」でメンテナンスする

10年ほど続けている趣味のボウリングも、コロナ禍の中で一時中断していたが、ボウリング場の感染防止措置がしっかりとしているので今では安心して投げている。先日もボウリング場主催の大会に参加してきたが、受付から実施までしっかりとした対策が取られていて安心して参加できた。

ところで、ボウリング場においてあるこのマシン。見かけたことがある方も多いのではないだろうか。「ボールコンディショナー」と名付けられたこのマシンは、ボールの傷を取って表面を綺麗にしてくれる。ボウリングのボールはピンとぶつかるたびに細かい傷が入り、またレーンのオイルが染み込んでしまうのでメンテナンスは欠かせない。

普段は投げ終わってから専用のクリーナーで表面を綺麗に拭き上げるのだが、時にはこのようなマシンでしっかりと表面のメンテナンスを行うことが大切だ。使い方は簡単で、正面にある扉を開けてボールを入れて、料金を入れてボタンを押すだけ。2分ほどで表面が滑らかに仕上がる。

今回2個のボールをメンテナンスしたが、その1個がこのボール。マシンに入れる前にきちんとクリーナーで拭き上げたのだが、表面が細かい傷でやや曇っている。これをマシンに入れて2分間待つ。マシンの中では液状の研磨剤が振りかけられて、表面の傷を落としてくれているのだ。

曇りが取れているのがお分かりだろうか。写真を撮っている姿が映るほど表面が磨かれている。ボール本来のパフーマンスを取り戻すためには、ボールを温めてオイルを抜く「オイル抜き」という作業が必要だが、こうやってポリッシングするだけでもボールの曲がりやピンに当たった時の弾け方が変わってくるようだ。

来週も大会に参加するので、綺麗になったボールを使って良いスコアが残せるよう頑張ってみたい。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!