気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

ボウリングの大会も新しい生活様式で再スタート

10月に入ってから新柄コロナの感染者数が激減していて、喜ばしいことながら激減した理由が今ひとつよくわからなくてやや不安だ。それでも徐々に以前の生活が戻りつつあり、先日も趣味のボウリングで定期的に参加している大会にも参加して来た。

新しい生活様式でのボウリング大会

f:id:polepole103:20211107175044j:plain

参加したのは日本ボウラーズ連盟の月例会。下手の横好きで4年前からNBFに加入しているが、月例会は毎月一回地区ごとに行われる大会で東京大会などの予選も兼ねている。約一年ぶりに参加したが、コロナ禍以前に比べて参加者が半分近くに減っていて、以前の賑わいを取り戻すにはもう少し時間がかかりそうだ。

それでも他の地域のメンバーと試合を行うのは、ボウリングを続けるモチベーションにも繋がっていて何よりも楽しい。この日も4ゲームでの試合が行われたが、いつも通りというかそこそこの成績ながら楽しい時間を過ごした。

f:id:polepole103:20211107175602j:plain

ボウリング場の設備で以前と変わったのは、受付の記入台に置いてあるボールペンが「消毒済み」と「使用済み」に分けられていることやボックスごとにビニールシートで仕切られていること。さらに、大会側の指導として感染拡大防止のためにボウルを拭くためのタオルは個人が持参、提出用の用紙にスコアを記入するための鉛筆も個人が持参。さらに、ストライクが出てもハイタッチは行わず拍手するだけにとどめるなど、感染拡大への対策をしっかりと行っての大会となった。もちろん、投げる時にもマスクの装着は必須だ。

やりにくいことも多々あるが、ボウリング場の経営も非常に厳しくなって来ていると聞くので、感染拡大に配慮しながら以前の生活に少しでも戻る努力を行うことは大切なのだろうと思う。これからも新しい生活様式をしっかりと守りながら、好きで始めたボウリングを楽しんでいきたいと思う。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!