気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

「情報カード」の活用方法

「情報カード」をご存じの方も多いと思うが、逆に知らなかったり使ったことのない方も多いのではないだろうか。情報カードはその名のとおり情報を書き込んで整理するためのカードで、記入した情報の整理、分類、蓄積のために考えられたツールだ。種類やサイズ、厚さなども様々だが、本来の用途以外にも色々と活用出来る便利なアイテムだ。

メモとして使う

f:id:polepole103:20210812213415j:plain

私は以前から、コクヨの「情報カード 横罫 5x3サイズ 100枚 シカ-30」という情報カードを使っている。片面が横罫でもう片方が方眼になっているので、箇条書きにしたりイラストを描いたりと使い分けられるのが便利だ。常に引き出しや手帳、ノートなど色々な場所に分散して置いているが、一番多い使い方はメモだろう。

会議などではノートや手帳に内容をかきこむが、ちょっと思い付いたことや打合せの本題とは異なる事柄などがあれば、情報カードに書き込んで置けば後で思い出す手間が省けて便利だ。三歩歩けば物忘れをしてしまう私のような年代には、思い付いたときにサッと書ける道具を手元においておくのは大切なことだろうと思う。

ToDoリストとして使う

方眼部分を使ってToDoリストとして使うのも良いだろう。私が使っている手帳にはToDoリストがあらかじめ用意されているので、もっぱら休日に自宅で片付ける用事を記入して使っている。

休みの日はだらだらと過ごしてしまうことがあるのだが、あらかじめ「プライベート用スケジュール帳のリファイン」だとか「空気清浄器のフィルター交換」だとか、家人に頼まれたことを忘れないためにもリストにするようにしている。

仕事の用事はきちんとメモしているものの、プライベートの用事はうっかり忘れることも多い。家庭内の平和を維持するためにも、プライベートな用事を情報カードに記入しておくというのは有効な方法だ。

ちょっとしたイラストを描いてみる

f:id:polepole103:20200527202349j:plain

在宅勤務が増えてきたが、ありがたいことに自分の部屋があるので落ち着いて仕事を片付けることが出来る。それでも、リモート会議の際には妻が物音をたてないように木塚ってくれるので「リモート会議中」のイラストを書いてドアに貼っている。

使っている情報カードは紙質が良くて色鉛筆も塗りやすいので、ちょっとしたイラストやアイコンを描くのに適している。方眼面に描けば更に描きやすいので、ちょっとしたイラスト入りのメモなども気が向くままに描いているが、手頃な大きさなので下手の横好きながら楽しく使っている。

他にも情報カードは色々な使い方をされているので、関連のWebサイトなどを参考にしながら更に使い込んでいきたいと思う。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!