気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

サッと取り出してサッと書く「トトノエ クリップボード」が便利な訳

デジタル機器が普及してきても、紙とペンはまだまだ不朽の組み合わせだ。思い付いたことを書き留めたり、不意にメモをする必要が発生したときには手書きの方が早いし、記号やイラストを書くときにも手軽ですばやい。

そんな時にはメモ帳を使うのが一般的かもしれないが、私は情報カードと小さな クリップボードを使っている。

手軽に使える「トノエ クリップボード」

f:id:polepole103:20200722211656j:plain

いつも手元に置いているのが、手軽に使える「トトノエ クリップボード」という商品。情報カードを挟むことの出来る「5×3」を使っている。 

f:id:polepole103:20200722211755j:plain

一般的には『ジョッター』という名称で知られているメモ用のボードだが、巷に出ているジョッターよりも価格が安いので気軽に使うことが出来る。なによりも、情報カードを差しむことで立ったままでもメモを取ることが出来るのは便利だ。 

f:id:polepole103:20200722211814j:plain

書いたカードは裏側のポケットに入れておけるのだが、ため込まず出来るだけ早く取り出して整理することが大切だろう。書いておくだけならメモ帳の方が利便性が高いからだ。

私は会議時に使うノートとセットにして持ち歩き、会議の時に頭に浮かんだアイデアや会議以外の用事を思い付いた時のメモ用に使っている。会議の時にその会議の議題以外のことを思い付くというのは良くあることだが、だからこそ情報カードを利用することで他の情報とごちゃごにならずに済む。以外と便利に使える道具だ。

情報カードを上手に使う 

私が使っている情報カードは、コクヨの「情報カード 横罫 5x3サイズ 100枚 シカ-30」という商品だ。片面が罫線で片面が方眼なので、メモ用とグラフやイラスト用とに使い分けることが出来る。

情報カードの活用方法は、色々な書籍で語られているのでそちらを参考にして欲しいが、「書いたらすぐに分類する」というのがまずは大切だと思う。逆に「必要なければすぐに破棄する」ということも大切で、不要な情報は手元に置かないことが情報整理には必要だろう。

家具や道具の断捨離と考え方は同じだと思う。