気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

「病と妖怪 ―予言獣アマビエの正体」(東郷 隆)

病と妖怪 ―予言獣アマビエの正体 (インターナショナル新書)

 予言をする妖怪「アマビエ」。新型コロナの感染拡大で不安が広がった際に、妖怪掛け軸専門店がアマビエをSNSで紹介し、さらに水木プロダクションが水木しげるさんの描かれたアマビエのイラストをTwitter上にアップして爆発的に広がった。これほど一気に知名度が上がった妖怪は、今までなかったのでは無いだろうか。

もちろんアマビエが登場したと言われる江戸時代も一気に有名になったのだろうが、現代の情報の伝達速度にはとうていかなうものではなだろう。その予言獣アマビエをはじめとして、古今東西の予言獣を集めて解説したのが「 病と妖怪 ―予言獣アマビエの正体 」という一冊だ。

 第1章 アマビエはどこから来たのか
第2章 予言する不思議な動物たち
第3章 幸せを呼び寄せる幻獣たち
第4章 病にかかわる不思議な生物たち
第5章 異星人か? 人智を超えた不思議なものたち

アマビエなど予言獣と呼ばれる妖怪を冒頭で紹介しながら、疫病蔓延時に取りだたされる予言獣に関する考察が書かれていて興味深い。また、それに続いて幸せを呼び寄せる幻獣やそれ以外の不思議な存在にまで話が広がっていき、日本だけではなく世界に広がる様々な不思議な”モノ”が紹介されてていて興味が尽きない。

私も子どもの頃にゲゲゲの鬼太郎を見て妖怪の気配に怯えたものだが、昔も今も人は人智を超えた不思議なものに惹かれるとともに、「困った時の神頼み」ならぬ「困った時の妖怪頼み」をするものだということを改めて知った。妖怪好きならずとも楽しめる一冊だと思う。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!