気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

〔元気ランチ〕無性に食べたくなった“とんこつラーメン”を求めて「博多風流」へ

お昼休みのランチ時をどう過ごすかというのは、人によって様々だ。お弁当などをサッと食べて昼寝をする人もいれば、好きなものを探してお店に出向く人もいる。私は気分転換も兼ねて外に出る方で、出来るだけバランスの良い食事をとるように心がけている。 

f:id:polepole103:20201106205536j:plain

それでも時々無性に好物のとんこつラーメンを食べたくなるときがあって、そんな時にはお昼休みになったらいそいそと出かけるようにしている。今回は同僚に勧められて「博多風流」に行ってきた。

f:id:polepole103:20201106205601j:plain

初めてのお店なので、お店一押しの「まるふく とんこつラーメン」を注文。一口食べて美味しいなと素直に感じた。麺もスープもオーソドックスで、これぞ博多ラーメンという感じ。玉子も美味しく半熟になっていた。

f:id:polepole103:20201106205725j:plain

個人的にはやや塩味が強いかなと感じたが、これは日頃から意識して薄味の食事をとっているからだろう。替え玉が2枚まで無料なのは素敵なサービスだが、元々少食な私には替え玉無しで十分だった。

fu-ryu.net

私は生まれも育ちも鹿児島なのだが、鹿児島ラーメンはとんこつベースながら白濁したスープではなく、野菜も豆つきモヤシが入っていたり、麺はストレートで普通の太さだったりと、博多のラーメンとは少し違うイメージだ。なかには博多とんこつに近いラーメンもあるが、お店それぞれの特徴が他県以上に強いように感じる。

また、ラーメンが出来上がるまでお茶と漬物が出てきて、漬物をバリバリと食べながら待つというのも鹿児島ラーメンの特徴のひとつだろう。首都圏には鹿児島ラーメンのお店を見かけないので、近いうちに探して行ってみたいなと思う。

 

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
↑”いいね”と思ったらポチッとお願いします!