気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

【新商品】上からそのままシャープ芯が補充できる「シャーボNu」が新登場

文房具のロングセラー商品は数多くあるが、ゼブラの「シャーボシリーズ」もその一つだろう。今年で43年目となるシャーボは今までも数々の新商品を発売してきたが、新たにシャープ芯がそのまま補充できるタイプが登場する。

新機能を搭載した「シャーボNu」

f:id:polepole103:20201021190913j:plain
https://www.zebra.co.jp/press/news/2020/1015.html

筆記具などの文具を発売しているゼブラは、回転して心が出てくる多機能ペン「シャーボNu」を新たに発売する。発売開始予定日は2020年11月24日を、発売予定価格は1,800円(税別)が予定されている。

f:id:polepole103:20201021191321j:plain
https://www.zebra.co.jp/press/news/2020/1015.html

シャーボは一本でシャープペンシルと黒インクボールペン、赤インクボールペンなど複数のペンを使うことができる筆記具だ。発売以来、スターウォーズとのコラボ限定品などを含めて、数多くの商品を発売している。

f:id:polepole103:20201021191808j:plain

今回発売される新商品は、従来では分解しなければ補充できなかったシャープ芯を、分解せずに上から直接入れられる仕様になっている。これによって、使っている最中に芯がなくなった場合でも、スムーズに補充を行い使い続けることができるようになる。小さな新機能のように見えるが、使い始めればとても便利だと感じるのではないだろうか。 

また、本体はボールペンの芯径別にボディの質感と色を選ぶことができるようになっており、0.5mmのボディはツヤツヤしたグロス調、0.7mmのボディはツヤなしのマット調となっている。

 最近ではデスクを自由に使うフリーアドレス化が進んでいる会社も多いので、ペンも複数本持つよりも一本で複数のペンを支えるシャーボは活躍の場が多いのではないだろうか。私もビジネスバッグの中にシャーボを一本入れており、外出時に電車の中や外出先などでメモを取るのに重宝している。「シャーボNu」も今から発売が楽しみだ。

www.zebra.co.jp

 ロングセラー商品のシャーボ

 シャーボについて過去記事のリライト版をつかって、改めてご紹介させていただきたい。

「シャーボ」は1977年の発売開始以来、バージョンを増やしながら40年にわたって売れ続けているロングセラー商品。私が高校生の頃に発売が開始されたが、実家が文房具屋を営んでいたのでいち早く触れることができた。当時はかなり高級な筆記具だったので、就職祝いなどの贈答用として扱っていた記憶がある。

f:id:polepole103:20171101053205j:plain

(初代シャーボ)

発売当初は1本2,000円と3,000円の2種類があり、どちらも大ヒット商品となった。テレビコマーシャルでは「右へまわすとシャープペン、左へまわすとボールペン」というフレーズが評判となり、発売後4ヶ月で80万本という驚異的な販売数を記録したようだ。

その後、2007年に「シャーボX」が発売されるようになり、価格によって様々な仕様に分かれたボディを自分の好みで選び、ボールペンリフィルとシャープも選んで"自分だけの一本"を作ることができるようになった。それも効を奏して、シリーズ累計7,000万本を売り上げる超ヒット商品となった。

2017年には発売40周年を記念した限定モデルが発売されたが、手軽に使える商品から持っているだけで楽しい高級品まで種類が多いのもシャーボシリーズの特徴だろう。だからこそ、ロングセラー商品となっているのかもしれない。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑参加しています。ポチッと応援クリックをお願いします!