気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

アナログとデジタルの良さを融合した「デジタルノート『フリーノ FRN10』」をキングジムが発売

最近では、会議や打合せの席でノートパソコンにメモを打ち込む人が増えた。記者会見などをテレビで見ていても同様だ。たしかに、打ったメモがそのままデジタル情報として残るのは、後々整理するのには便利だ。

一方で、手書きのメモならより早く書ける場合があるし、ちょっとしたイラスト等を添え書き出来るというメリットがある。個人的にはまだまだノートに手書きするという、アナログな方法が合っている。

手書きの良さを取り入れたデジタルメモ

f:id:polepole103:20200721204817j:plain

キングジムは、文房具の温かさとデジタルの機能性を併せ持ったデジタルノート「 フリーノ 」 を2020年7月31日(金)から発売する。この商品は、2019年12月から約3ヵ月間かけてクラウドファンディングを行い、約6,000万円を集めることに成功しているが、大企業のキングジムが行ったクラウドファンディングなので、お金が集まって当然と言えば当然だろう。

f:id:polepole103:20200721204840j:plain

「フリーノ」は手書きのノート機能以外に、PDFの閲覧・書き込みができるドキュメント機能とノートとの紐づけが可能なカレンダー機能を備えている。また、最大約87,000ページ分を保存できるという性能は、デジタル機器ならではだ。

また、画面には明るさや色味を調整できるフロントライトが搭載されているので、暗い場所でも書くことが出来る。さらに、ワコム製のデジタイザとデジタルペンを採用しているので、書き心地はかなりスムーズに仕上がっているようだ。

f:id:polepole103:20200721204909j:plain

本体に保存したデータは、USBケーブルでパソコン等に取り込めるほか、microSDカードへの保存やDropboxへの保存も可能だ。その他、スリープ画面にノートやカレンダーを常時表示させられるなど、細かい部分にも配慮されているのが特徴だろう。

カラーバリエーションはブラック、ブラウン、グレーの3色。大きさは「幅約182mm×縦160mm×厚さ13mm」となっている。価格はオープン価格となっているが、Amazonでは本体価格42,000円、カバー3,000円という価格設定だ。書き心地を含めて非常に興味深い新商品だと言える。どこかで触ってみたい。

キングジム デジタルノート 「 フリーノ 」 FRN10 マットベージュ

キングジム デジタルノート 「 フリーノ 」 FRN10 マットベージュ

  • 発売日: 2020/07/31
  • メディア: エレクトロニクス