気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

暑さを避けて『夕方ラン』と『そのままお風呂』

梅雨もそろそろ終盤に入ってきたが、東京では相変わらずぐずついたお天気が続いている。趣味のジョギングも天気によって左右されるが、暑さを避けるためにも雨に降られた時のためにも『夕方ラン』と『そのままお風呂』をするようにしている。

『夕方ラン』の利点

f:id:polepole103:20200720205208j:plain

夕方走る利点としては、何よりも暑さを避けられるという利点がある。真夏の陽射しは日焼けだけではなく熱中症を引き起こす恐れもあるので、走るなら朝の早い時間か夕方の遅い時間がベストだ。

早朝に走る方が好きな方もいらっしゃると思うしその方が良い効果もあるのだろうが、個人的には週末に走る時には夕方走るようにしている。なぜなら、この時期だと早朝5時には走り出した方が涼しいのだが、そうなると朝4時に起きて朝食をとる必要があり、家族との休日の活動時間に大きな差が出るからだ。

私などは記録を出すために走っているのではなく、健康のためにトコトコとスロージョギングを行っているので、なおさら家族のリズムを狂わせてまで走る必要は無いだろうと思っている。

夕方はまだ少し暑さが残っているが、走れば走るほど日が沈んでいくので涼しくなってくる。また、走りながら少しずつ虫の音が聞こえてきたり、涼しい風が吹いてきたりするのを感じるのも楽しい。

ただし、十分な給水を心がけることと、思いがけず遅くなった時のためのライト持参は忘れないようにしたい。

走り終わったら『そのままお風呂』 

f:id:polepole103:20200720205228j:plain

夕方ランの良さのひとつは、そのままお風呂に入ることで安眠まで持っていきやすいことだろう。朝や昼間に走ってもシャワーを浴びたりお風呂に入ったりは出来るが、夕方走ればそのままお風呂に入り、そのまま夕食、そして就寝という流れになるのでぐっすりと眠ることが出来る(あくまでも個人の感想ですが)。

コロナ禍の前はジョギングの終点を日帰り温泉に設定する『温泉ラン』を楽しんでいたが、感染者が増え続けている東京に住んでいるので、安全策を取って『そのままお風呂』を選んでいる。これはこれで、気楽で手軽で良いなと思うし、そのために入浴剤を奮発するという楽しみもある。

休日ならではの『夕食ラン』と『そのままお風呂』。下戸な私は、お風呂上がりの炭酸一気飲みがいま一番の楽しみだ。