気分はポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

手触り感抜群の真鍮製ボールペン「SAKURA craft_lab 001」

文房具好きで特に筆記用具が好きだ。価格や素材に寄らず書きやすいものを選ぶようにしているので、例えば高価な万年筆などにはあまり興味はない。それでも時々、手にしただけで「おっ!これが欲しい!」と思うものに出会うことがある。そんな時には、書き味や書きやすさよりも手に持った時の手触りや感触に惚れ込むことが多いのだが、今回もふと手にした真鍮製のボールペンに心を奪われてしまった。

ずっしりとした真鍮製ボールペン 

f:id:polepole103:20191012204939j:plain

文房具好きの息子と二人で出かけたのが、東京都稲城市にある都内最大級の複合店「コーチャンフォー若葉台店」。文房具やCD・DVD、書店、カフェなどが一つになった店舗で北海道のみで店舗展開をしていたお店だが、2014年10月に道外で初めて東京都稲城市の若葉台にオープンした。

文房具売り場も書籍売り場もとにかく広大な店舗なのだが、文房具好きとしては整然と並べられた文房具の棚を見て歩くだけでも楽しい場所だ。普段使いのものからギフト用のもの、外国製のものなど多種多様な品揃えが嬉しい。

今回、仕事で使う書きやすいボールペンを探して文房具売り場を覗いたたのだが、そこにディスプレイされていたのがサクラクレパスの「SAKURA craft_lab 001」というボールペン。シリーズ化されているボールペンで、今回「004」が発売されたことですべてのペンがディスプレイされていた。その中でも抜群の手触りだったのが「001」だったのだ。 

f:id:polepole103:20191012210714j:plain

ボデイが真鍮製でずっしりとした重さながら、書く時には邪魔にならないという微妙な重量だ。クリップはアンティークの眼鏡をもとにデザインされたており、ボールペンのトップに取り付けられた頭冠はアンティークカメラのダイヤルを思わせる造りだ。

f:id:polepole103:20191012211426j:plain

手に持った時の重さや手触りもさることながら、頭冠をくるりと回すことでペン先が出てくるというギミックも心地良い。価格は5,000円(税別)と少々高価なボールペンだが、久しぶりに「欲しい」と思わされる一本だった。

f:id:polepole103:20191012211131j:plain

インキとボディカラーは5色。他のシリーズもそれぞれ素敵なので、実際に手に取ってみて決めるのが良い。実物を手にしてこそその良さがわかるペンだと思うし、どれに惹きつけられるかも実物を手にしないと分からないかもしれない。ぜひ一度手に取ってみていただきたい商品だ。

craft.lab.craypas.com