読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

2015年に買ってよかった文房具類ベスト5

文房具 文房具-おすすめ

 今年も残すところ一日となった。今年は前年までと比べて格段に文房具類のご紹介記事が増えたが、それもはてなブログに引っ越してきて文房具好きの方のブログを目にしたからこそだった。自分で文房具類の記事を書くことで、逆に文房具類に関する情報がネット内外から届くようになり、より一層文房具好きに拍車がかかった一年でもあった。

 いろいろな文房具類や文具店をご紹介させていただいたが、その中でも「買って良かったな」と思うものをいくつかご紹介させていただきたい。今年最後の記事としては、やはりこういうまとめで締めくくりたい。

クラウドファンディングで出会った商品

 今年はクラウドファンディングで支援をする機会も増えたが、各種のプロジェクトだけではなく文房具に関する開発も目にすることが多かった。直接支援を行ったものもあれば、クラウドファンディングでの開発を知って商品発売後に買い求めたものがあるが、いずれもなるほどなと唸ることの多い商品ばかりだった。

■自分で手帳を作る「PLY NOTE」

f:id:polepole103:20151230202631j:plain

 直接クラウドファンディングで支援を行った商品の一つが、「PLY NOTE」という手帳というか手帳を作るためのセット。モレスキンのクラシック ハードにぴったりの大きさで作られていて、自分でぺたりと貼って使うという道具だ。

 手帳というと内容を見て好みや自分のライフスタイルに合わせて買うというのが一般的だが、モレスキンを使って自分好みの手帳を作るというのは斬新なアイデアだ。それだけに、自分のセンスを問われることにもなるので、文房具好きにとっては腕の見せ所だろうとも思う。

■どこでも使えるホワイトボード「バタフライボード」

f:id:polepole103:20151230203152j:plain

 一時品切れになるほどの人気だったのが、軽くて持ち運びやすい「バタフライボード 」という商品だ。A4版サイズのホワイトボードが4枚セットになっていて、磁石で取り外しが出来るのでとても便利だ。

 ホワイトボードというと職場や集会場に置いてあるというのが一般的だが、それを自分で持ち運べるようにしたことが斬新的だ。ノートやレポート用紙などでもアイデアや会議メモなどを書くことはできるが、「書いては消し、消しては書く」という作業がアイデア出しにはぴったりだと思う。

 少人数でのディスカッションでも場所を問わず、カフェなどでも広げられるので重宝している。

■ペン立てにもペルトホルダーにもなる「スタンドアップペンケース」

f:id:polepole103:20151230203635j:plain

 Facebookでその存在を知り、一目見て使いたくなってしまったのが「スタンドアップ・ペンケース」という商品。クラウドファンディングを利用して、開発・生産を行ったという商品だ。

 ペンケースはいろいろ持っているが、どれも帯に短しタスキに流しというものばかりだった。個人的にはビジネスバッグにいれても邪魔にならず、カフェなどでのモバイルワークにも使えるものが探していたので、そういったニーズにピッタリな商品だった。ベルトにも取り付けられるが、常にスーツなので試す機会がないのが残念だ。

これは便利だ!と感心した商品

 ハサミやノート類などいろいろな新商品に出会った一年だったが、その中でも「これは便利だ!」と感心した商品がいくつかある。そのなかでも代表的な2商品をご紹介させていただきたい。

■紙製クリップなら「デルポ」が一番

f:id:polepole103:20151124082919j:plain

 最近ではいろいろなクリップが発売されており私もいくつか購入したが、その中でも今年一番使ったのがマックス社の「紙 クリップ デルプ 「DELP」」という商品。オランダのデルタクリップ社が開発した商品で「書類に挟み込んで折り返して使う」という今までにない使い方をするクリップだ。

 ステープラー代わりに使うというよりも、ステープラーなどで綴じられた書類を束めて綴じるのにも向いていて、必要な情報を紙クリップ自体に記入できるというのも重宝する。他のクリップよりもかさばりがちだというのが難点といえば難点だが、ブリキのミニバケツに入れるなどの工夫でカバーしている。

■普通の紙を付箋紙に変身させるノリ「ペタッとマーカー」

f:id:polepole103:20150705144213j:plain

 休みの日などに覗く書店の文房具売り場で見つけたのが、付箋紙が作れる「ペタッとマーカー」という文房具。大阪市に本社がある文具・雑貨の企画や製造販売会社株式会社マインドウェイブの商品だ。

 キャップをあけると水溶性のノリが硬めのスポンジ軸から染み出してきて、それをメモ帳などに塗って乾かすと付箋紙になるという商品だ。付箋紙は買うものだと思っていたが、この商品があればちょっとしたメモやいただいたメモを付箋紙として貼ることができる。

 テレビ番組でも紹介されたとのことで、私のブログ記事も急激にカウント数が上がったことでも反響の大きさがわかる。

来年も文房具関係の記事を増やしていきたい

 もともとは子どもとの遊び場をご紹介するブログとしてスタートしたが、10年経ってむすこも徐々に成長して高校生になり、遊び場紹介から好きなものや考え方などをご紹介するブログへの変化してきた。

 その中でも文房具のご紹介や素敵な文具店のご紹介は書いていてもとても楽しくて、自分でも好きなジャンルの記事となっている。それ以外にも本の紹介やビジネス上のことなどもつらつらと書かせていただいているが、来年もまた文房具関係の記事を中心にブログを書いていきたいと思う。

 

 書き続けるためのモチベーションを維持できるのも、拙い私の記事を読んでくださる皆さんのおかげです。はてなブログの特徴である「スター」をつけてくださったりコメント入りブックマークを残してくださるからだと心から感謝しています。

 来年もどうぞよろしくお願いします。