気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

暑いときには「盛岡冷麺」などはいかが?

ひところの猛暑は少し影を潜めた東京地方だが、それでも相変わらず暑いのには変わりない。まだまだ体が暑さに慣れないので食欲も落ち気味だが、そんな時には味のはっきりとしたものが食べたくなる。さっぱりしていて味がはっきりしている食べ物はいくつかあるが、今回は「盛岡冷麺(もりおかれいめん)」を食べてみた。

盛岡冷麺は言わずと知れた岩手県盛岡市の名物料理で、朝鮮半島の伝統料理てある冷麺がアレンジされたものだ。冷麺は焼き肉店などで出てくるので、焼肉の締めに冷麺という方も多いのではないだろうか。麺は小麦粉と澱粉などを使っていて、伸ばして切ったりするのではなく生地を押し出し機に詰めて、強い力で麺の太さの穴から押し出すのだそうだ。スパゲティなどと同じ製法だが、それによって少し透明に近くてコシのある独特の麺が出来上がる。

盛岡冷麺は季節の果物が乗っているのも特徴で、この日はスイカがあしらわれていた。辛いスープとスイカは相性が良くて、スイカの甘味が盛岡冷麺の辛さと酸っぱさを程よく緩和してくれた。キムチの味と香りで胃も活性化して、食後はぐっと元気が出てきた。この夏は何回か食べることになりそうだが、次回はサイドメニューとの組合せも試してみたい。

www.pyonpyonsya.co.jp

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
いいねと思ったらポチッと応援をお願いします!