気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

電子書籍が良いか紙の書籍が良いか

f:id:polepole103:20200629222131j:plain

iPad miniを持っているので、最近少しずつ電子書籍を使い始めている。以前は頑なに紙の本を読んでいたのだが、ランニングの本や雑誌を読み始めてから電子書籍も利用し始めた。

電子書籍の良いところはかさばらないこと。数冊分の電子書籍をダウンロードしておいても当然のことながらデバイスの重さが変わるわけではないので、旅行の時などには数冊分入れて置けるのが良いと思う。また、Amazonでは定額で雑誌や小説が読み放題になる『Kindle Unlimited』というサービスがあるので、いつも読んでいる雑誌や著者の小説があればお得で便利に使えるだろう。

一方で、電子書籍にないものは『質感』だろうか。電子書籍はしおり機能があり、ページをめくったり戻ったりするのも便利だが、ページを一枚一枚めくる時に紙の質感が個人的には大好きだ。また、電子書籍と違って光が直接目に入らないので、寝る前にペラペラとページをめくって読んでも目が冴えるということがない。

結局は「電子書籍が良いか紙の書籍が良いか」ということではなく、「読む対象や用途によって電子書籍も紙の書籍も使い分ければ良い」ということになるだろう。例えば旅行には電子書籍を持っていくだとか、毎月読んでいる雑誌は電子書籍で通勤通学時に読み、好きな作家さんの新刊本は手のひらにずっしりと重みのくる紙の本にすると言う具合だ。

個人的には紙の本の方が「読んだ!」という気持ちになるのだが、それは単に慣れの問題なのかもしれない。皆さんはいかがだろうか。