気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

ソーシャルディスタンスで食事会

f:id:polepole103:20200620220742j:plain

先日、知人数名と食事会を行った。お祝い事があったのだが宴会を催すことがまだまだはばかられることから、せめて晩ご飯を一緒に食べようということになったのだ。

食事会の場所は知人が営む食堂の一角。マスターにお願いして「おつまみ」ではなく「食事」を用意してもらった。私は下戸なのでお酒がなくても構わないのだが、他の仲間はそれなりにお酒が好きなので少々勝手が違ったようだ。

席が向かい合わせにならないよう互い違いにし、隣との距離も広く取る。まるで昔の貴族の晩餐のような距離感だが、こういった距離感がこれからの新様式になっていくのだろと思う。少し話が盛り上がりにくいのは玉に瑕だ。

今後、会社の歓送迎会や知人・友人との冠婚葬祭なども今まではとガラッと変わった方法になるのだろう。そうなると「膝詰めで話す」だとか「額を寄せ合ってひそひそ話をする」ということもなくなって、「平成の頃はそんな感じで話をしていたんですか!」と驚かれる時代がくるのかもしれない。そんなことを考えた食事会だった。

ちなみに写真一番手前の料理は「マンタの唐揚げ」。なかなか食べられる料理ではないようだ。