気分はポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

【let's go bowling】東京青梅市の昭和な雰囲気で居心地の良い「西東京レーン」

ボウリング好きが高じてNBF(日本ボウラーズ連盟)に加入したのが昨年7月。加入して一年ちょっとが経ったが、腕前が上がるでもなく逆にスランプで伸び悩んでいる今日この頃だ。それでも定期的に大会に参加するのは楽しいし、ボウリングに対するモチベーションを保つためにも役立っている。毎月行われる月例会も楽しみの一つだが、先日行われた大会会場は、昭和な雰囲気が漂う居心地の良いボウリング場だった。

東京青梅市の「西東京レーン」

f:id:polepole103:20190906103508j:plain

今回出向いたのは東京都青梅市にある西東京レーンというボウリング場。JR青梅線「小作駅」から徒歩だと20分以上かかるので、車で行く場所なのだろう。車だと東京都心から高速道路を利用して1時間ほど。中央道や国道20号線経由だと、米軍横田基地の間を突っ切ってくるのでちょっとした外国気分を味わえる場所でもある。

f:id:polepole103:20190906104009j:plain

広々とした場内は2ブロックに分けられていて、手前側レーンと向こう側レーンとの間にはロッカーが設置されている。珍しい構造だ。レーンコンディションは私のような素人には良くわからないのだが、上級クラスの方に話を聞くてとても良いコンディションい保たれていて投げやすいとのこと。さすがに50周年を迎えた老舗のボウリング場だというところだろうか。

f:id:polepole103:20190906104438j:plain

ボウリング場に来て楽しみなことのひとつはプロショップを覗くこと。ラウンドワンのように総合レジャー施設ではプロショップが開設されていない場所が多いが、昔ながらのボウリング場には大なり小なりプロショップが設置されているので商品を見るだけでも楽しい。

消耗品もウェブで購入することができるのだが、大概が送料が必要なものばかりなのでこういった大会の時に買っておくというもの良いだろうと思う。こういうところも月例会に散会する楽しみになっていて面白い。

■西東京レーン

東京都青梅市新町9-1-1 

西東京レーン

 敷地内にはいろいろな施設が設置

ボウリング場を楽しむだけではなく、施設内にはバッティングセンターやソフト/ハードダーツコーナー、卓球コーナー、ゲームセンターなどが併設されている。ボウリングが終わってからこういった施設で楽しむのも良いだろう。また、近くにはコンビニや食事処もあるので休日をゆっくりと楽しめそうだ。

f:id:polepole103:20190906105331j:plain

面白いなと思ったのは敷地内にコインランドリーがあり、大型の物も洗えるようになっているという点。コインランドリーで選択を行ってい間にバッティングセンターで汗を流す、またはゲームセンターで遊ぶということもできるのだが、こういうところも来客数を増やすための工夫なのだろうなと思う。