おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

「卓上日めくりカレンダー」で月の満ち欠けを感じながら生活してみる

古来から、月の満ち欠けは私たちの生活に深く関係していると言われている。真偽のほどはともかくとして、私たちの住む地球から最も近くにある天体なので、関心を持っておくことは悪いことではないだろう。

月の満ち欠けなどがわかる日めくりカレンダー

f:id:polepole103:20180118054441j:plain

今年は日めくりカレンダーが流行している。人気の文具店ではオリジナルの日めくりカレンダーを販売しているお店もあるし、例年以上に見かけることが多い。

私は職場で持ち歩ける月間卓上カレンダーを使っているが、小さな日めくりカレンダーも置いている。新日本カレンダーの「月と暦 カレンダー 日めくり」という商品だ。

その日の月の満ち欠けの様子が、カレンダーのど真ん中に描かれていて分かりやすい。また、二十四節気や旬の食材のことなども書かれていて、今日という日が季節のなかでどの位置にあるのかを教えてくれる。

f:id:polepole103:20180118054814j:plain

 大きさもコンパクトで、台紙を含めて縦175mm横95mmとどこに置いても邪魔にならない。また、壁にかけることもできるし、裏側の台紙を折ると置くこともできる。

毎朝仕事が始まる前にビリっと破くのだが、一日をスタートするのにうってつけの習慣になりつつある。

新日本カレンダー 2018年 月と暦 カレンダー 日めくり 8812

新日本カレンダー 2018年 月と暦 カレンダー 日めくり 8812

 

月を意識するということ

月は地球から最も近くにある天体だと書いたが、だからこそ昔の人は良く観察し、あがめ、月の満ち欠けを生活のなかに取り入れてきたのだろう。

何かと忙しい毎日だが、太陽暦とは違う暦を意識することによって、ほんの少しだけ心に余裕を持てるような気がする。朝めくった日めくりカレンダーの月を見て、帰宅時に夜空を見上げる。それだけでも心に余裕が生まれるのだと思うがいかがだろうか。