おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

いまだかつてない「日めくり付箋カレンダー『himekuri』」がクラウドファンディングで爆進中!

「資金を集める」というと、一昔前までは事業計画書等を持参して金融機関に相談するというのが一般的だったと思う。しかし、現在ではクラウドファンディングとを利用すれば、金融機関ではなく一般の方々から資金調達を行えることができるようになってきている。文房具類の商品開発でも利用されている方法だが、個人事業者が初期投資部分を集めるにはとても有効な方法ではないかと思う。

いまだかつてない素敵なカレンダー

日めくり付箋カレンダー「himekuri」
https://www.makuake.com/project/himekuri/

クラウドファンディングサービスのMAKUAKEで、エントリーされてすぐに目標額を達成したのが「日めくり付箋カレンダー『himekuri』」という商品。"インスタ映えする"という謳い文句も後押ししているのだろう。 

日めくり付箋カレンダー「himekuri」
https://www.makuake.com/project/himekuri/

このカレンダーの特徴は、1週間分の日めくりカレンダーがズラリと一列に並んでいるというところ。さらに、それが一つずつ日めくりカレンダーになっているというのが面白い。

それだけではなく、めくったカレンダー一枚一枚が小さな付箋になっていて、それ単体でも使うことができる。日めくり、付箋、ウィークリーカレンダーが一つになった画期的なカレンダーだ。元々可愛い絵柄なので、手帳の日付けがわりに貼っても良し、ラッピングの封として使っても良し。まさに"インスタ映えするカレンダー"なんだなと思う。

クラウドファンディングのページではさらに素敵な使い方が提案されているので、それを読んでいるだけでもワクワクしてくるこの商品。現在も募集中なので、ご興味のある方はぜひご覧いただきたい。

www.makuake.com

中心人物は「文具祭り」主宰者の高木さん

ぷんぷく堂の「こどうぐ箱」を持つだいたひかるさん

この商品を企画してクラウドファンディングを募っているのは、文房具好きが集まる「文具祭り」を主催している高木芳紀さんだ。だいたひかるさんが司会をされているこのイベントは、文具メーカー各社も新商品を持参して集まるぐらいのビッグイベントだ。

また、高木さんと言えば「文具屋さん大賞」の仕掛人でもあり、文房具に関してものすごい知識の持ち主だ。その高木さんが今年独立され、ノベルティ研究所を立ち上げた。そんな高木さんが企画した商品なのだから、クラウドファンディングで人気にならないはずがない。

今から商品が届くのがとても楽しみだ。

クラウドファンディングから生まれた人気商品

クラウドファンディングから生まれた文房具はいくつもあるが、成立した商品は人気商品になることが多いような気がする。

oyakode-polepole.hatenablog.com

oyakode-polepole.hatenablog.com

自立するペンケースとしていち早く世の中に登場した「スタンドアップ・ペンケース」もそうだし、「バタフライボード」にいたっては新バージョンも登場するほどの人気ぶりだ。

これもひとえに、個人の感性をそのまま商品に反映させやすいため、どのメーカーにもどの店舗にもない商品が生まれるからだろう。そういった「人気商品の卵」を見つける楽しさも、クラウドファンディングにはあるかもしれない。

私もクラウドファンディングに登場した文房具類に対して、いくつか少額ながら資金提供を行ってきた。スタンドアップ・ペンケースやバタフライボードのように人気となった商品もあれば、使ってみたら「あれっ?」と思うような残念な商品もあった。

万事が万事、上手く行く商品ばかりではないが、それもまたクラウドファンディングで応援する楽しさかもしれないと思うようにしている。