おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

「36サブロ」で見つけた使って楽しいボールペン二つ

常に使う筆記具がボールペン。万年筆の書き味も好きだが、職場や出先などでさっと出して使うのには書きやすいボールペンがあると便利だ。最近では書きやすいボールペンが増えたが、先日行った吉祥寺の文具・雑貨のお店「36(サブロ)」で「使って楽しい」というボールペンを入手した。

 昔懐かしい「フローティング・アクションペン」

新幹線のフローティングアクションペン

吉祥寺の昭和レトロな文具・雑貨のお店「36(サブロ)」で買ったのが、昔懐かしい感じを覚えるフロテーィング・アクションペンという商品。クリップ部分が透明になっていて、その中に詰められた液体の中を新幹線が移動するという商品だ。

f:id:polepole103:20170716215744j:plain

このタイプのボールペンはかなり昔から販売されていて、逆に「今でも売っていたの?」と思ってしまうぐらいだ。調べて見ると、50年以上前から発売されているというから驚きだ。

f:id:polepole103:20170716220346j:plain

裏側には「E5系はやぶさ」という文字が入っている。東北新幹線として走るはやぶさが、東京駅を出発するというシチュエーションが楽しい。スーッと出てくるというよりは、ゆるゆるとゆっくり出てくるのも見ていて癒される感じがする。

桂望実さんが書かれた「嫌な女 (光文社文庫)」では、主人公が色々な文房具類を持っていて印象的だが、フローティング・アクションペンも印象的なアイテムとして登場する。書き味も滑らかでなかなか良い筆記具だ。

見ているだけで落ち着くお地蔵さんボールペン

f:id:polepole103:20170716220659j:plain

もう一つ気になっていて買ったのが、見た目も楽しいお地蔵さん2色ボールペン。黒と赤の2色だが、ペン軸を押し出す部分が福耳になっているのがポイントだ。全体的な色合いも御影石のようで良い。

f:id:polepole103:20170716220719j:plain

お店の方に話を聞いたところ、来店されたOLさんでこの商品を使っている方がいて「見ているだけで落ち着くんですよ」と話されていたとか。確かに仕事の合間にこの顔を見ると落ち着くかもしれないし、ペン立てに入れておけばなんだかありがたい感じがしそうだ。

こういうボールペンが一本あっても良いなと思う。

吉祥寺「36サブロ」

■「36 Sublo」

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-16 原ビル2階
電話・fax 0422-21-8118
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜日