読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

畳んで運べるナカバヤシの「おりたたみカッティングマット」

文房具 文房具-おすすめ

  文房具の中にはそれぞれ別な商品ながら、セットにすることで使いやすくなるものがある。朱肉と印鑑マットもそうだし、カッターナイフとカッティングマットもそのひとつだ。カッティングマットは案外かさばるので持っていないという人もいると思うが、折り畳み式のマットであればその心配もなくなるだろう。

ナカバヤシの「カッティングマット」

f:id:polepole103:20160320154908j:plain

 台紙が増やせるフエルアルバムでおなじみのナカバヤシが発売しているのが、パタンと折り畳むことのできる「折りたたみカッティングマット」という商品。かさばりがちなカッティングマットも、半分になるので収納しやすい。

f:id:polepole103:20160320154951j:plain

 折り畳み部分は硬い材質のテープで固定されており、開閉もスムーズだ。中央の折り畳み部分は曲線になっているので、広げたときにずれることもない。

 また、カッターナイフの刃が折り畳み部分にかかっても、曲線になっているおかげで刃が逸れることも防いでいる。折り畳み部分が曲線になっているというのは、ちょっとしたことだが大きな工夫だ。

f:id:polepole103:20160320154921j:plain

 大きさはA2、A3、A4の三種類があるので、普段使うサイズを考えて購入したい。それぞれ半分に折り畳めるので持ち歩くのにも便利だ。職場にも家庭にも備えたいカッティングマットは、材質自体も環境に配慮された商品だ。

カッティングマットの代わりに何を使う?

 カッティングマットが無い場合には、皆さんは何を代用されているだろうか。雑誌や古新聞などが一般的だろうが、中にはまな板を使うという方もいた。

 最近では多少のことでは傷がつかないデスクというのもあるようだが、やはり何か敷いた方が安心だろう。以前は古くなった書類ホルダーなどを代用したり、切りたい部分を折り曲げてカッターナイフの刃を入れて切ったりしていたが、安くても良いのでカッティングマットを備えていた方が良いようだ。

ちょっとした発想の転換が使いやすい商品を生む

f:id:polepole103:20160323054659j:plain

 思いがけない偶然から大発明を生むことを「セレンディピティ(偶察力)」というが、その典型例として有名なのが3M社のポストイットだろう。強粘着の接着剤を作っている過程でたまたま弱粘着の接着剤が作られてしまい、それを使って簡単に剥がせる付箋紙を作ったというのは有名な話だ。

 有名な話だが、実際にそういう発想をするというのは簡単なことではないだろう。普通なら失敗作として捨ててしまうモノを、何かに活用できないかと考えること自体がなかなかできるものではない。

 そういう発想をするためには、日頃から発想の転換を行ったり様々な方向から物事を見る習慣をつけておく必要があるだろう。 あるいは、もしかしたら「もったいない」という気持ちを持つことで、新たな発想が生まれるのかもしれないなとも思った。