おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ロウ引きの箱をミニ道具箱として使ってみる

 散らかりがちな机の上で、さらに散らかってしまうのが小物類。クリップやミニステープラー、修正テープなど常に使うものをついつい放置してしまいがちだ。それを防いでクリーンデスクを心がけるためにも、気軽に使えてちょっとおしゃれなハコが重宝している。

さりげなくおしゃれなロウ引きのハコ

f:id:polepole103:20160317221951j:plain
https://www.classiky.co.jp/members/shopping/shopping.php?action=showProduct&product_id=3876

 デスクの上にいつも置いてあるのが、ロウ引きされた紙製の箱。「ロービキ カミノハコ  ベントウ型」と名付けられたこの商品は、きちんとロウ引きされていて水にも強い綺麗な商品だ。サイズはSとLの2種類があるので、使い道によってどちらかを選ぶのも良いだろう。私は小物用としてSを使っている。

f:id:polepole103:20160317124754j:plain

 この商品にはシールがついているので、それを貼ることでさらに雰囲気が出る。形が子どもの頃に使っていた道具箱を彷彿とさせるので、シールに「道具箱」と書いて貼っている。これひとつでさらに良い雰囲気になったような気がする。

f:id:polepole103:20160317124806j:plain

 デスクの上で使うのではなく収納用として使うのであれば、「ボタン類」とか「レシート」というように中身を書いて貼っておけば、棚に積んでいても探すのが楽だろう。

 丈夫で長持ちするロウビキバコは、使い方を工夫することでとても役立つ商品だ。

ロービキ カミノハコ S ベントウ型

ロービキ カミノハコ S ベントウ型

 

クリーンデスクは「とりあえず箱」作りから

f:id:polepole103:20150429120444j:plain

 整理整頓は子どもの頃から言われていることだが、子どもの頃からなかなかうまくできないことでもある。 私は元来片付けが苦手な方なので、使わないものは思いきって捨てるようにしている。

 会議資料などもついつい整理せずにためてしまいがちだが、何でも「とりあえず置いておく」という姿勢が散らかる元凶となってしまう。

 必要な部分だけを抜いて捨てるとか、ファイルがあるものはすぐに捨てるということも大切だろう。どうせなら、「とりあえず置いておく」のではなく「とりあえず捨ててみる」ということを心がけたい。

f:id:polepole103:20160317222533j:plain

 そうすることで片付けば格段に楽になる。 捨てることに抵抗がある方は、「とりあえずボックス」を設置するのも効果的だ。設置は簡単、空のファイルボックスを足下に置くだけ。 ここに使わないと思われる書類をポンポンと放り込んでおいて、1週間経ったら捨てるようにする。

 間違って大切な書類を捨ててしまうことを防げるし、そう思うことで思いきりが良くなるという効果もある。 自宅でも効果的な方法なので、ぜひ一度お試しいただきたい。