読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

いろいろなクリップ使い続けてみたら一番使うのは「デルポ」だった

文房具

今週のお題「今年買って良かったモノ」

 クリップという文房具は、仕事上でもプライベートでも必ず必要になってくる道具だ。 文具店に行くと、昔ながらのゼムクリップから最新式のカラフルなクリップまで、さまざま種類が揃っている。私も最新のものをいくつも買って使っているが、その中でも紙製のクリップが一番便利で使い勝手が良い。

新感覚の紙製クリップ 

f:id:polepole103:20151025154403j:plain

 一昔前と違い、最近は資料をファイルで保存することが多くなった。会社によっては紙をいっさい使わず、プロジェクターやモニターに資料を写しだして打ち合わせをする場合もあるだろうが、紙の資料の方がメモを書き留めとめられるので良いという会社もある。私の職場もそのひとつだが、そうなると相変わらず紙の資料が机の上に何かしらあるという状態になってしまう。

 最近ではいろいろなクリップが発売されているが、その中でも今一番使っているのがマックス社の「紙 クリップ デルプ 「DELP」」。「デルプ」はオランダのデルタクリップ社が開発した商品で「書類に挟み込んで折り返して使う」という今までにない使い方をするクリップだ。

f:id:polepole103:20150918051135j:plain

http://www.max-ltd.co.jp/topic_file/news20150826.pdf

 使い方は簡単で、束ねた書類の角に「デルプ」を差し込み、後ろに折ってとめるだけ。15枚までの書類をとめることができるので会議用の資料などにも使うことができる。

 色はホワイト、イエロー、ブルー、グリーン、ピンクの5色。価格は単色20個入りが300円、5色セットが330円、単色50個入りが650円、5色入り50個セットが720円(価格はいずれも税別)という設定になっている。

  発売からしばらくして使い始めたが、ホチキス止めされた複数の書類をまとめて綴じることもできるのでかなり便利だ。また、繰り返し使うことができるというのも重宝する(何回も使っていると綴じる能力が弱ってくるが)。

 書類の角がホチキスやゼムクリップよりもふさがってしまうのが難点だが、書類を留めるのにワンタッチで済むという手軽さがその難点をカバーしてくれている。個人的には、今一番使い勝手の良いクリップだ。

紙製なのでメモもできる

f:id:polepole103:20151125140226j:plain

 私は打ち合わせが終わった後に、打ち合わせの資料全部を「デルポ」で綴じるようにしている。最近の打ち合わせは資料の数が少ないので、「デルポ」でもホチキス止めされた資料や一枚だけの参考資料などをひとまとめにすることが可能だ。

  今までであれば関連資料をクリアファイルに入れて管理していたが、これだと最後にファイリングする時にも簡単に整理できる。また、最終的に破棄する場合にも、紙製のクリップなのでここままセキュリティボックスに入れることができるのも便利だ。

 また、紙製なので文字を書き込めるので、写真のようにミーティングの日付を記入しておき、さらに色を変えると資料の時系列がわかりやすくて良い。「紙製」という特徴が意外と重宝するクリップだ。

使いやすいように整理する

 f:id:polepole103:20151124082919j:plain

 何かと便利な紙製のクリップだが、若干かさばるのが玉にきずだ。ゼムクリップなら一握りもあればかなりの量が使えるが、デルポだと保管するにも場所をとる。だからといって引き出しに入れてしまうと、今度は使う時にいちいち取り出すのが面倒だ。

 私は100円ショップで買ったブリキの缶に入れて、使う時にはさっと取り出せるように工夫している。これが案外便利で、買って来たデルポをバサバサと入れておくだけで済む。さらに、机の上もちょっとした雑貨屋さん状態になって楽しい。

 思いつきながら、埃もかぶらずなかなかの整理法だと思う。