気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

QRコードと名前を一緒にポン!シヤチハタの「myQR」で新しい挨拶の形を発見

初めてお会いする方に名刺を渡す方法は、ビジネスマナーとして最初に習うことのひとつだ。新型コロナ影響で新入社員の配属が遅れていると聞くが、自宅でもWeb学習でそういったことを習った新社会人の方々も多いのではないだろうか。一方で、ウィズコロナの時代になると、名刺も手渡しではなくデータで渡す形式が普及するのではないかとも言われている。スマホで相手に情報を伝える。そんな新しい挨拶の形を考えられるスタンプが発売されている。

シヤチハタの「myQR」

f:id:polepole103:20200601181010j:plain

ネーム印やスタンプ、印鑑関連商品などを扱うシヤチハタが、新たにQRコードと名前を一緒に押せるスタンプ「myQR」の発売を開始した。従来のネーム印やスタンプは名前やイラストなどを押す目的で作られていたが、この新しいスタンプはQRコードの中央に名前が入っており、スマホなどで読み込んでもらうことで相手を自分のブログなどに誘導することができるのが便利だ。

f:id:polepole103:20200601182153j:plain

選べる書体は8書体。中央の文字は最大6文字まで入れることができるので、苗字だけではなくフルネームを入れたり、お店の名前を入れたりすることもできそうだ。また、インクは朱色、黒、藍色のの3色から選ぶことができる。もちろん、シヤチハタ製品なので、インク台を使うことなく約500回使用することができる。

個人で使うのであれば名詞や年賀状に押すことで、ブログやファイスブックなどを見てもらうことができるだろう。 また、お店であればショップカードなどに押すことによって、お店のホームページに誘導することができそうだ。

使い方で新しいご挨拶の形を探すことのできる、楽しい商品だなと思う。

www.shachihata.co.jp

シヤチハタの「OSMO」も楽しい

出来上がったスタンプ

シヤチハタといえば「 自分で作れるスタンプ『OSMO(オスモ)』」も有名だろう。私も自分の似顔絵をスマホ経由でサイトに送り、新宿の東急ハンズに設置されている専用の機械で作ってみた。今から3年ほど前のことだ。

完成したのがこちらのスタンプだが、3年たった今でもメモや封筒に押して使っているが、問題なく使えているし逆の最初の頃よりもすっきりとした絵柄になっている。ネーム印で有名なシヤチハタ、きれいに長く使うことができるのはさすがというしかないだろう。

oyakode-polepole.hatenablog.com

www.shachihata.co.jp