きぶんはポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

東京・東小金井駅の「nonowa coffee festival」は個性的な珈琲店が一堂に会する楽しいイベント

コーヒー好きで1日10杯以上飲んでしまうことも多々ある。だからといって、飲んですぐに産地がわかるほど敏感な舌は持ち合わせていないし、こだわりの一杯を求める訳でもない。ただただ、飲み物としてコーヒーが好きなのだ。そんなこだわりのない私がだが、東京都小金井市で行われているコーヒーのフェスティバルは、思わず唸るような美味しいコーヒーの飲み比べができる楽しいイベントだった。

JRの高架下で行われているコーヒーイベント

f:id:polepole103:20190309145945j:plain

2019年3月9日(土)と10日(日)の二日間、東京都小金井市で行われているのが「nonowa coffee festival」というコーヒーのイベントだ。JR中央線の東小金井駅にある高架下の商業施設nonowa東小金井のイベントで、朝11時のスタートから大勢の人で賑わっていた。

f:id:polepole103:20190309150300j:plain

JR中央線では、武蔵境駅、東小金井駅、武蔵小金井駅、西国分寺駅、国立駅でnonowaという商業施設を展開しているが、東小金井駅には高架下にののみちという小規模店舗の集まりがある。

f:id:polepole103:20190309150743j:plain

その様々な店舗が集まるコミュニティステーション東小金井広場で行われているのが今回のフェスティバルで、20数店舗が出店してそれぞれの個性的な味を披露している。また、小さなステージではコンサートも開かれていて、コーヒーの香ばしい香りや味を楽しみながら聴く演奏も素敵だ。

f:id:polepole103:20190309151331j:plain

f:id:polepole103:20190309151357j:plain

近隣に実店舗を構えているお店やキッチンカーで営業を行なっているお店など、普段なかなか一堂に会することのないお店が集まっているのがワクワクする。コーヒー好きもさることながら、普段何気なくコーヒーを飲んでいる方にとっても楽しめるイベントだろう。

軽食やお菓子類なども販売されいてるので、散歩がてらに立ち寄ってみても良いのではないだろうか。

 

nonowacoffeefestival.com

1000円で飲み比べを楽しむ

f:id:polepole103:20190309151913j:plain

今回のフェスティバルでは「飲み比べチケット」が販売されていて、1000円で5杯分のお試しコーヒーを飲めるようになっている。紙コップは小さいので一杯ずつはそれほど多くはないが、色々な味を楽しめるというのはコーヒー好きにはたまらない。

f:id:polepole103:20190309152152j:plain

f:id:polepole103:20190309152213j:plain

20数店舗お店が出ているのでどのお店のコーヒーを飲むか迷うところだが、お店を一軒ずつ見て回り、ピンと閃くものがあったお店のものを飲んでみても良いだろう。また、飲み比べをしながら店主とコーヒー談義に花を咲かせるのも楽しいし、実店舗のことを聞いてみるもの楽しい。

コーヒーは同じ豆を使って挽いても、焙煎の方法や挽き方や入れ方で味が大きく変わる飲み物。だからこそ、店主こだわりの豆の選び方や挽き方などを教わるというのも、こういったフェスティバルの楽しみ方の一つではないだろうか。