気分はポレポレ

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを随時更新中です!

【let's go bowling】吉祥寺の老舗ボウリング場「東京ボウリングセンター」

昔は都内にもたくさんのボウリング場があった。もう20年も前の話だが、会社帰りに田町ハイレーンに行ったのは良い思い出だ。最近ではラウンドワンの一人勝ちのような様相だが、住みたい街でいつも上位に入る吉祥寺には、老舗の素敵なボウリング場がある。

ホテルの地下にある「東京ボウリングセンター」

f:id:polepole103:20190222214533j:plain

吉祥寺駅から徒歩7分。北口の喧騒を抜けて東急デパートの前を過ぎ、武蔵野八幡宮方面に向かうと左側に吉祥寺第一ホテルが見えてくる。その地下一階にあるのが東京ボウリングセンターだ。

f:id:polepole103:20190222214554j:plain

ホテルが開業したのが1987年(昭和62年)5月。30年ほど前のことだ。当時から吉祥寺を代表するホテルだったが、地下にボウリング場を開設したという点では若者の街らしいと言える。

東京ボウリングセンターの歴史は古く、1952年(昭和27年)に東京の神宮外苑で誕生した日本初の民間ボウリング場だ。終戦から7年目に開業したボウリング場は、当時としては華々しい社交場という一面もあったようだ。

f:id:polepole103:20190222214639j:plain

吉祥寺第一ホテルの開業と共に吉祥寺に移転した東京ボウリングセンターは、今でも会社のボウリング大会や各種競技団体のリーグ戦などが行われている。先日も軽く投げようかなと思って会社帰りに覗いてみたが、競技団体のオープン大会が開催されていて貸切状態だった。やはり老舗のボウリング場、競技ボウラーが好む場所なのだと思う。

東京ボウリングセンター
 

ラウンドワンの出店で新料金も登場

東京ボウリングセンターのセット料金は、以前は「2ゲーム、貸し靴付き」で1,900円という料金設定だけだったが、最近では1,300円というパックも登場した。この価格での事前予約は出来ないが、少人数で行くならお得と言えるだろう。事前予約を行う場合は従前通り2ゲーム1,900円だ。

新料金は、2017年秋にラウンドワンが近くにオープンしたからだろう。カラオケやゲームセンターが併設されたラウンドワンは、若者の集客が得意なので強力なライバル店となった。

ラウンドワンは事前予約でも「2ゲーム、貸し靴付き」で1,600円という価格設定だ。利用する人数によって、東京ボウリングセンターとどちらにするか決めても良いかもしれない。ボウリング好きにとってはありがたい競合だ。