おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ギミックが美しい「パイロット ボールペン タイムライン FUTURE」は予想通りの滑らかな使い心地だった

ボールペンはゲルインクやフリクションなど、たくさんの種類と本数を持っている。そういう方は多いのではないだろうか。そして、手帳用やメモ用など、用途に応じて使い分けている方もまた被いだろう。私も手紙を書く時のために、書きやすいボールペンを何本か持っている。 

書き味滑らかなボールペン

f:id:polepole103:20180507214346j:plain

先日買い物で訪れた大型書店の文房具売場に、ペン先のギミックが綺麗な「パイロット ボールペン タイムライン FUTURE」を見かけた。ペン先の絶妙な動きなどについては既にご紹介させていただいたが、別なお店で再び試し書きをする機会があった。

試し書きをしてみるとやはり書き味が滑らかで、ボールペンの重心というかバランスがとても良くて書きやすい。また、思ったよりも細字なので、卓上カレンダーや手帳に細かい文字を書くのにも適している。

価格はそれなりにするのでかなり迷ったが、手紙を書くのにも良いなと思い購入した。千円を超える価格のボールペンを買ったのは、パイロットの油性ボールペンコクーンを買って以来だ。そう考えると、パイロットの商品とは相性が良いようだ。

f:id:polepole103:20180511221730j:plain

コクーンも非常に重心位置が絶妙で持ちやすいボールペンだが、タイムラインFUTUREも同様に持ちやすい。ペン自体の重さがペン先に軽くかかる感じだ。また、タイムラインFUTUREの方が握る場所が太いのだが、この辺は好みが分かれるところだろう。

f:id:polepole103:20180511221748j:plain

書き味は油性ボールペン特有の滑らかさがあり、ペン先がしっかりと紙に吸い付くような感覚だ。サラサのようにさらっとした書き味も良いが、丁寧に時間をかけて手紙を書くときなどはこちらの方が書きやすいと思う。

長時間メモを書き続けることも出来るが、じっくりと一文字ずつ丁寧に手紙を書くという用途向きのポールペンだ。

パイロット ボールペン タイムライン FUTURE ダイヤモンドシルバー BTL-5SR-DS

パイロット ボールペン タイムライン FUTURE ダイヤモンドシルバー BTL-5SR-DS

 

 手紙を書くならこの便箋がオススメ

手紙を手書きで書く機会がめっきり減ってきたが、それでも親しい人には手書きで手紙を書くようにしている。

私は文字に自信がないので、せめてもの努力として一文字ずつ丁寧に書くことを意識している。「弘法筆を選ばす」という諺があるとおり達人は道具を選ばないが、達人ではない私は逆に道具の助けを借りるのが得策だろう。

f:id:polepole103:20150215163010j:plain

そういう意味でも、ミドリの「きれいな手紙が書ける便箋 」を使うのもひとつの方法だ。封筒とのセットもあるし、お礼状向けのパターンもあるので用途に合わせて選んでも良いだろう。

そういうこともまた、相手に対する気づかいのひとつではないだろうか。

ミドリ 便箋 きれいな手紙が書ける便箋 お礼状用 20528006

ミドリ 便箋 きれいな手紙が書ける便箋 お礼状用 20528006

 
ミドリ 便箋  きれいな手紙が書ける便箋 細罫  20435006

ミドリ 便箋 きれいな手紙が書ける便箋 細罫 20435006