おやこでポレポレ《文房具好きブログ》

大好きな文房具や書籍、日常のことなどを更新中です!

ロゴがないから大丈夫!色彩が商標の「MONO消しゴム」から試験用無地消しゴムが登場

試験というのはいくつになっても嫌なものだ。学生の頃はもとより、社会人になってからも資格試験を受験するたびにそう思ってきた。しかし、社会人になっていくつも資格を取るようになると、そのたびにお気に入りの筆記具をお気に入りのペンケースに入れて鞄に入れるようにした。そうするだけで、不思議と気持ちが落ち着くからだ。 

商品名の入らない消しゴム

f:id:polepole103:20170808204557j:plain
http://www.tombow.com/press/170807/

昔から鉛筆の製造・販売を行っているトンボ鉛筆は、商品名が印刷されていない「MONO消しゴム」を8月18日から全国で発売する。消しゴムカバーは従来どおりの「青・白・黒のストライプ」で、商品名だけが消された新商品だ。

これは、センター試験で英文字の書かれた所持品を持ちこみ制限していることに対応したもので、主にセンター試験を受験する受験生のニーズに対応した商品だと言える。

「MONO消しゴム」の3色ストライプは発売以来変わっていないが、発売開始が1969年だというから50年近く変わらないデザインだというのがすごい。その証拠に、今年3月には特許庁から「色彩のみからなる商標」に認定されているほどだ。

これはセブンイレブンの看板と同じ扱いで、「文字などがなくてもモノブランドの消しゴムと認識してもらえる」ということなのでロングセラーならではの認定だろう。商品名の入らない消しゴムは、2個入りで129円(税込み)での発売を予定している。

f:id:polepole103:20170808210141j:plain
http://www.tombow.com/press/170807/

ちなみに、トンボ鉛筆では「文字の入らない鉛筆」も販売しているので、今回の「文字の入らない消しゴム」とセットで持ち歩くのも良いだろうと思う。

マークシートには鉛筆を使おう 

f:id:polepole103:20161010170349j:plain

以前もご紹介したが、マークシート式の試験では「シャープペンシルを使ってはいけない」というのが定番のようだ。大学入試センター試験も同様で、ホームページを見ると使用する筆記具に関するQ&Aが掲載されていた。

f:id:polepole103:20161010172108j:plain
http://www.dnc.ac.jp/center/faq.html

ここには明確に「シャープペンシルを使用してマークした場合には、解答が読み取れないことがあります」と記されている。鉛筆でマークすると大丈夫だが、シャープペンシルでは読み取れない。

理由の一つは「読み取り機は鉛筆の黒鉛に反応して濃く読み取る」ということ。シャープペンシルの芯は細いため、折れにくいように黒鉛以外の物質が入っているようだ。そのため、黒鉛よりも薄く読み取ってしまうらしい。

もう一つの理由は「シャーペンのマークは消えにくい」ということ。芯を強く押し付けてマークするため、消しゴムで消しても溝状になった部分に色が残ってしまい、ダブルマークと判定されることがあるらしい。

最近のマークシート用シャープペンシルは、芯を鉛筆とほぼ同じ素材にしたり、太さも0.9mmや1.3mmと太くするなどの工夫を施している。それでも、試験案内に「シャープペンシルは使用不可」となっていれば、鉛筆を持参するのが精神的にも良いだろう。余分なところで気が散るということが防げる効果も大きい。 

トンボ鉛筆 マークシート用鉛筆セット MONO HB MA-PLMKN

トンボ鉛筆 マークシート用鉛筆セット MONO HB MA-PLMKN